オーデミー ボディシャンプー ハニームスクの解析結果

総合順位
48位
総合得点 5点満点
1.58
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
432210

オーデミー ボディシャンプー ハニームスクの詳細情報

[製造販売元] アクアノア

[商品ID] 5567
[容量]400ml
[参考価格]810円
[1mlあたり] 約2.03
洗浄力
120%
素材
16%

安全性

12%

環境 
48%

補修力

6%

ツヤ 
24%
感触 
52%
洗浄剤
22%

オーデミー ボディシャンプー ハニームスクの解説

添加剤に力を入れて、洗浄剤で手を抜いた典型。


脇役の活躍ぶりに期待をかけたくなるタイプ。


というのも、バオバブオイル、オリーブ油をはじめ油分補給性能がまずまずであることや、柿タンニンなどの頭皮引き締め効果、
アミノ酸型防腐剤のマイルド加減など脇役により注目が集まりそうな作りであるから。


ただし洗浄剤の部分は驚くほど安っぽく、この製品が比較的安価であることを裏付けるポイントになっています。


ボディソープとはいえ、粗っぽいラウレス硫酸Naでわざわざ肌を乾燥させてしまいたくはないもの。


油分補給でそれを一時的には誤魔化したと出来ても、だ。


肌思いな読者にはオススメできない製品です。


オーデミー ボディシャンプー ハニームスクの全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5バオバブ種子油

アフリカ原産の「生命の樹」とも呼ばれるバオバブ種子からとれたオイルです。オレイン酸・リノール酸をリッチに含み、ビタミン類も含むため抗酸化作用も付与されます。

6アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

7オリーブ果実油

8アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

9ツバキ種子油

・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。

10アンズ核油

杏仁豆腐の原料でおなじみです。オレイン酸含有量の多いトリグリセライド。エモリエント作用。

11マカデミアナッツ油

12マンゴー種子油

13スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

14加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

15加水分解シルク

16ハチミツ

・ハチミツ・ローヤルゼリーなどのエモリエント感が感じられやすく、仕上がりにも保湿感を残すでしょう。

17ローヤルゼリーエキス

・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。

18カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

19ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

20水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

21ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

22セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

23グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

24グルタミン酸

25アラニン

26リシン

27アルギニン

28トレオニン

29プロリン

30ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

31乳酸

32乳酸Na

33クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

34ソルビトール

35BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

36PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

37エチドロン酸

38塩化Na

39ポリグリセリル-4ラウリルエーテル

安全性の高い増粘剤で、洗浄力、起泡力の向上効果がある。環境分解性も吉。

40ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

41ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

42フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

43香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

天然オイル9種とハチミツ・ローヤルゼリー配合、洗い流しもすっきりさっぱりなボディソープ デオドラントです。
気になる大人のニオイに着目してつくられました。
ハニームスクの優雅な香り。

オーデミー ボディシャンプー ハニームスクの関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。