アロマのやさしさ の解析結果

総合順位
300位
総合得点 5点満点
2.83
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
336600

アロマのやさしさ の詳細情報

[製造販売元] ハーベストシーズン

[商品ID] 1862
[容量]500ml
[参考価格]3024円
[1mlあたり] 約6.05

洗浄力

16%

素材
62%

安全性

22%

コスパ 

34%

環境 
96%

補修力

36%

ツヤ 
38%
感触 
58%
育毛
122%
洗浄剤
50%

アロマのやさしさ の解説

アロマオイルで洗うかのような極めてマイルドなシャンプーです。


泡立ちはそれなりにありますが、洗浄剤ベースがキャリオイル役であるかのように使用感はしっとりとマイルドに香り高いもの。


非常に低刺激でしっとりした洗浄力ですが、オレンジ油の清浄作用もあってそれなりに汚れは除去できるでしょう。


何と言っても、アロマ好きにはたまらない作りといえる構成です。



まとめると、
できるだけ低刺激で、しっとりとした使用感とアロマを楽しめるシャンプーがほしい、という方に最適な一品です。



ダメージ毛もストレスなく洗えますが、ダメージを補修するような効果はあまりありません。


あくまでもしっとり感と低刺激と香りを重視する方向けという一品なので、そういった商品をお探しでしたらオススメです。


アロマのやさしさ の全成分

1水(精製水)

2ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3ラウロアンホ酢酸Na

両性界面活性剤で、非常に低刺激で泡立ちがよく、主洗浄剤の助剤として用いられます。ベビーシャンプーのようなマイルド志向の製品などに採用されます。

4ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

5コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

6ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。

7ラウラミノプロピオン酸Na

アミノ酸型の両性界面活性剤です。起泡性の強化や増粘作用、刺激緩和といった効果を期待して配合されます。

8ココイルアラニンTEA

アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。

9ラウラミンオキシド

10ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

11コムギ胚芽油

12オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

13ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

14ティーツリー油

ティーツリーオイルは抗菌・抗真菌・抗ウイルス効果のある抗病原体性能がとても高い精油です。オーストラリア原産のフトモモ科の常緑樹の葉から抽出されます。

15ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

16ベルガモット果実油

17

18グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

19

20セイヨウハッカエキス

21メリッサエキス

・メリッサはクールでフローラル調の香り。養蜂用として昔からメリッサは用いられています。強力な鎮静効果、抗炎症作用などを特徴とします。抗うつ作用も。

22セージエキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

23レモングラスエキス

24ユズ果実エキス

25

26クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

27ミリスチン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤、可溶化剤。

28ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

29BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

30塩化Na

31メタリン酸Na

32エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

33フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

メーカーの紹介文

植物の生む自然素材の働きをそのままの形で取り入れ、健康と美容に役立てる・・・アロマテラピーの思想を大切に、成分の由来と安全性をひとつひとつ確認しながら、試作と改良を繰り返して作ったアミノ酸シャンプーです

アロマのやさしさ の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。