アロベビー ベビーソープ の解説

配合エキスは悪くないものの..

ホップ、ゲットウ、レンゲソウ、サボンソウを中心に構成されたエキス類、頭皮の清浄作用・収れん作用・皮脂コントロール効果を期待でき、標準的な処方より少し質が良いとも言える内容。


しかし、それを台無しにしているのがベースの石鹸。



石鹸のデメリットも、ある程度はコントロールしてマイルドにすることもできるのですが、この製品はダイレクトに石鹸のみ。


石鹸のデメリットである必要以上の肌バリア溶出、アルカリ性の残存の悪影響がそのまま肌に影響するパターンです。



これでは、ある程度期待値が高かったエキス類も存在感を消され、使うごとにデメリットの方がより多く残ることに。



永く使うと肌の乾燥、敏感肌、老化の促進に導く製品といえます。


アロベビー ベビーソープ の全成分

1

2ラウリン酸

3水酸化K

4ミリスチン酸

5パルミチン酸

6DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8オレイン酸

9トレハロース

10ソルビトール

11ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

12サボンソウ葉エキス

ナデシコ科サボンソウ属の多年草で、名前から連想されるとおり天然の界面活性剤であるサポニンを多く含みます。頭皮の清浄作用があり、古い角質を除去するなどの効果があります。

13ラベンダー花エキス

シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。

14レンゲソウエキス

蓮華草(紫雲英)から得たエキスで、AGEs(advanced glycation end products)を除去する働きや、コラーゲン、エラスチンを保護するなどの作用があります。

15ホップ花エキス

16ゲットウ葉エキス

ショウガ科月桃の葉から得たエキスです。コラーゲン合成促進、線維芽細胞増殖促進作用などを示します。

17セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

18ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

19カニナバラ果実エキス

ローズヒップの果実から得たエキスです。抗酸化作用を与えるビタミンを豊富に含みます。

20スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

21セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

22ライム果汁

23グレープフルーツ果実エキス

24レモン果実エキス

25ヒドロキシプロピルメチルセルロース

26ヒドロキシエチルセルロース

27キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

28BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

29エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

30EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

31メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

32香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

アロベビーベビーソープは、多くのボディソープに使われている石油系界面活性剤やパラベンを一切使用せず、お肌へのやさしさにこだわった天然由来成分99%以上の処方となっています。
そのため、皮膚が薄く、刺激に敏感な赤ちゃんにも安心してお使いいただけます。
もちろん、敏感肌の大人の方にもおすすめです。

アロベビー ベビーソープ の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。