ソープ オブ ヘア・1-ERの解析結果

総合順位
87位
総合得点 5点満点
3.65

ソープ オブ ヘア・1-ERの詳細情報

[製造販売元] オブ・コスメティックス

[商品ID] 5286
[容量]60ml
[参考価格]1188円
[1mlあたり] 約19.8

洗浄力

24%

素材
84%
安全性
46%
コスパ 
56%
環境 
88%
補修力
78%
ツヤ 
54%
感触 
78%
育毛
136%
洗浄剤
50%

ソープ オブ ヘア・1-ERの解説

非常にマイルドな洗浄性と、カラー毛に嬉しい作用。

カラーリング直後の髪を優しく洗浄し、シルクの手触りを与え、持続性の高いヒートプロテインで保護し、クルミ殻エキスで褪色を抑え、ツヤを付与し、皮膚を引き締め、抗菌し、ハリコシを与え、アルカリを中和し、頭皮環境を改善するシャンプーです。

とにかく、役割が多くて、かつ有効性が高い。

持続性と即効性があり、頭皮にも髪にも喜ばしいこと満載。

ちょうど、カラー後一週間ほどの集中ケアにはうってつけといえるでしょう。



ソープ オブ ヘア・1-ERの全成分

1

2ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ココアンホプロピオン酸Na

泡質の優れたマイルド系両性界面活性剤。塩*フリー。特に、電解質に敏感な処方に適する。

6クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

7ラウロイル加水分解シルクNa

シルクに含まれるタンパク質フィブロインとヤシ油由来の洗浄剤です。非常に肌にマイルドであり、かつ泡立ちがしっかりしている他、シルクならではの非常に優れたコンディショニング効果が特徴のアニオン界面活性剤。とても高額な素材であるという特徴も。

8ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

9加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

10(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン

11クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

12ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

13クルミ殻エキス

・クルミ殻エキスはセイヨウグルミ由来のエキスで、カラーの発色、色持ちを向上させる効果。

14ヒマワリ種子エキス

・ヒマワリ種子エキスはヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。

15カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

16茶乾留液

茶葉から抽出した茶乾留液には幅広い抗菌、消臭、脱臭作用があると注目されている「ポリフェノール」「カテキン」が多く含まれる。

17ボタンエキス

ボタン科の牡丹の根から抽出。ぺオノール、ペオノリット、ペオノサイト、アラントインを含有し、消炎・血行促進作用・アンチエイジング作用を付与する。

18フユボダイジュ花エキス

シナノキ科シナノキの葉や花から得たエキスです。シナノキエキス、とも呼ばれます。タンニン、フラボノイドを含有し、抗菌・抗炎症・血行促進作用、収れん作用を付与。

19アルテア根エキス

ヨーロッパ原産のアオイ科植物のビロウドイオイの根より抽出したエキスです。抗炎症作用やヒアルロン酸分解酵素を抑制し肌の保湿力を高める働きがあります。

20アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

21グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

22ローズマリー葉油

1,8-シオネール含有のシソ科植物エキスです。血行促進や、芳香による頭脳のリフレッシュ効果などが期待されます。

23ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

24ユーカリ油

25セイヨウネズ果実油

26PEG-20ソルビタンココエート

27BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

28PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

29硫酸亜鉛

・肌の引き締め成分として硫酸亜鉛を添加しています。

30エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

31フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

32安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

33メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

メーカーの紹介文

パーマやカラー後の髪と地肌を優しくいたわる弱酸性のヘアソープです。
シルク由来洗浄成分やヒートアクティブコラーゲンが髪のダメージを補修しながら、しなやかな毛髪に洗いあげます。
保湿成分リピジュア®が髪に潤いを与え、カキタンニンや茶乾留エキスなどの植物保湿エキスが頭髪環境を整えます。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。