モンシャルーテ アプリーナ オーガニック オイルミスト ハニーローズの解析結果

総合順位
78位
総合得点 5点満点
2.73

モンシャルーテ アプリーナ オーガニック オイルミスト ハニーローズの詳細情報

[製造販売元] ナプラ

[商品ID] 5080
[容量]120ml
[参考価格]1404円
[1mlあたり] 約11.7
素材
48%

安全性

38%

コスパ 
60%
環境 
52%
補修力
56%
ツヤ 
56%
感触 
62%

モンシャルーテ アプリーナ オーガニック オイルミスト ハニーローズの解説

オーガニック感がほとんどない

オーガニックオイルミスト、という商品名ながら、ベースの油剤は全くオーガニック感なし。

あまりに質素な内容のミストではないか。

そこらへんの下手なヘアミストにも劣るような油分補給程度の効果であり、

使う意味すら見出しにくいのでは、と思ってしまう内容です。



もちろん、油分補給するので薄い油膜を髪に提供するが、

安っぽいリンス剤でももう少し事後感がよいと思われる。



それほど、役に立つ感じが全くしない製品。


モンシャルーテ アプリーナ オーガニック オイルミスト ハニーローズの全成分

1LPG

2水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

5香料

香りづけ。

6ホホバ種子油

7アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

8アンズ核油

杏仁豆腐の原料でおなじみです。オレイン酸含有量の多いトリグリセライド。エモリエント作用。

9トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

10BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

メーカーの紹介文

アルガンオイルとアプリコットオイルのWオイル配合、ミストタイプの洗い流さないトリートメントです。
ミストタイプなので手を汚さずにうるつやな髪に。
うるおいも香りも続きます。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。