トリートメントオブヘア2の解析結果

総合順位
62位
総合得点 5点満点
3.23

トリートメントオブヘア2の詳細情報

[製造販売元] オブ・コスメティックス

[商品ID] 1092
[容量]220ml
[参考価格]2902円
[1mlあたり] 約13.19
素材
92%
安全性
46%
コスパ 
54%
環境 
60%
補修力
82%
ツヤ 
56%
感触 
84%

トリートメントオブヘア2の解説

補修力と保湿作用の低刺激性トリートメント

スムース感、潤い、ツヤ、ハリ・コシ、補修効果、頭皮環境改善など、バランス型の作りといえるトリートメント。


オブコスメの中ではややおとなしい感じもしますが、ヘマチンの配合で補修性により特性を見出しています。



髪の強さを高める

ヘマチンを軸に、髪を強くする効果が期待されますので、日常的なケアに取り入れると切れ毛予防やカラー後のダメージ軽減に役立つでしょう。


機能的で、やや穏やかながらバランスよく平均点の高い逸品。


トリートメントオブヘア2の全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

5ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

6ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

7アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

8ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

9ゴマ油

10トリステアリン酸スクロース

ショ糖脂肪酸エステルとも呼ばれます。砂糖とステアリン酸からなる乳化剤で安全性が高い界面活性剤です。生分解性も高く、なめらか使用感を出す。

11シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

12加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

13加水分解コラーゲン

14ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

15ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

16ポリクオタニウム-92

・ポリクオタニウム-92は別名セラキュートで、セラミドを模倣した構造でベタつきのない良質な使用感とより自然なツヤを与えます。

17黒砂糖

18黒砂糖エキス

19カラメル

20カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

21シラカンバ樹皮エキス

22ウイキョウ果実エキス

23ホップエキス

・ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。

24カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

25セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。

26セイヨウヤドリギエキス

27メリッサエキス

・メリッサはクールでフローラル調の香り。養蜂用として昔からメリッサは用いられています。強力な鎮静効果、抗炎症作用などを特徴とします。抗うつ作用も。

28ミリスチン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤、可溶化剤。

29ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

30PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

31クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

32リン酸2Na

33BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

34エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

35フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

36メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

37香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

頭皮環境を整える厳選された植物エキスに、保湿成分として新たに「シラカンバ樹皮エキス」を採用し、よりしっとり、滑らか、まとまる髪に仕上げます。
髪を補修するマトリックス成分「ヘマチン・3種のケラチン・2種のコラーゲン」配合。
第二の皮膚と呼ばれる「リピジュアR」がうるおいをぎゅっと閉じ込めます。
高山に自生している白樺(バーチ)の深くて甘い気持ちの安らぐ香りゴマや黒砂糖、ショ糖などの植物性コンディショニング成分が、毛髪に潤いと輝きを与えしっとりと仕上げます。
毛髪補修成分のヘマチン、3種のケラチン、2種のコラーゲンが、枝毛や切れ毛などのダメージを抑えてしなやかな毛髪に整えます。
甘草エキス、白樺エキスなどの植物エキスが頭髪を健やかに保ちます。
日差しから髪を保護するシアバター配合です。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。