玉樹 シャンプー の解析結果

総合順位

1425

総合得点 5点満点

1.69
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
134000
  • 玉樹 シャンプー の詳細情報
  • アンディーナの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2400
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 3240円
  • [1mlあたり] 約 16.2円

玉樹 シャンプー 解析チャート

玉樹 シャンプー の解説

特殊な構成、少し注意が必要か



尿素の配合が洗浄剤よりも多い?!

非常に特殊な尿素シャンプーで、続いてオレフィンスルホン酸Naが続くなど、洗浄力も浸透性も強目という肌へのリスクが心配な作りです。



尿素は肌のターンオーバーを加速させるため、かかとなどの肌が硬い部分にごくたまに使う分には有効ですが、毎日使うシャンプーに高配合などというのは論外です。

薄毛になりたい、肌トラブルを一刻も早く起こしたいという願望がなければ使うべきではないでしょう。

玉樹 シャンプー の全成分

1

2コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

3尿素

4オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

5ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

6ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

水溶性増粘剤。配合が容易で界面活性剤の刺激を緩和する作用。

7スルホコハク酸ウンデシレナミドMEA-2Na

フケ防止シャンプーに適したマイルドで皮膚との親和性が良い界面活性剤。防腐剤としてメチルクロロイソチアゾリノン、 メチルイソチアゾリノンを使用。

8クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

9海塩

10メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

11ブチルパラベン

12銅クロロフィリンNa

植物の葉緑素(クロロフィル)由来の水溶性色素です。きれいな青を着色するほか、優れた防臭作用を持ちます。

13クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

販売元による宣伝文

毛髪の汚れのみ洗浄するので、リンスは不要です。泡立ちにくいシャンプーも、汚れが一掃されると豊かな泡立ちに。2度洗いをオススメします。シャンプー前後にローションも使ってみてください。

玉樹 シャンプー の関連商品

玉樹 シャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。