Vedite(ヴィディーテ)ケアトリートメントの解析結果

総合順位

114

総合得点 5点満点

3.07
成分数エキス系特効ダメ
34520

Vedite(ヴィディーテ)ケアトリートメント解析チャート

Vedite(ヴィディーテ)ケアトリートメントの解説

コンディショナーとしては中の上。

ただし、値段が....。


抜群に存在感を示すのは、値段です。

中身のことなど忘れてしまう程度に、かなり強気な設定だと思います。

トリートメントの内容としては、悪くはありません。

保湿や、毛の修復、被膜、整肌作用などのバランスがまずまず良いと言える構成です。



ただし、やはりこの値段に対してこの内容では、少し弱い。



傑出したクオリティがあるとは言いづらく、肌に優しいわけでもなく、

また持続性もさほどありません。



そんな中で、やはり値段なりの何か特別感は見当たらないというのは、

その製品をお勧めしづらくするポイントです。



ある程度のうるおい感や、適度な皮膜効果など、各要素は 一定の満足度を提供しています。

その上で、これがあるから7000円なんだ、というポイントがどれなのか、

という一点が欠けているのが残念に思えます。



Vedite(ヴィディーテ)ケアトリートメントの全成分

1

2セテアリルアルコール

3パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

4BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

5ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

6水添ナタネ油アルコール

7アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

8プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

9加水分解ハチミツタンパク

はちみつに含まれる18種類のアミノ酸を抽出したハニーテインと呼ばれる成分です。肌の水分保持能力を増強する効果を期待されます。

10レモン果皮油

11緑藻エキス

12加水分解酵母エキス

アミノ酸や核酸などを含むエキスです。皮膚細胞の修復作用や保湿効果などを付与します。

13ポリクオタニウム-61

リピジュア。細胞膜を構成するリン脂質を結合させてつくられたポリマーです。ファンデーションや口紅等のメイクアップ製品への配合が可能。また、自己組織化能を有しており、水中でポリマーナノ粒子分散液を形成します。塗布後、乾燥することでリン脂質ポリマーより成るナノスケールのラメラ層を形成するユニークな特徴。

14ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

15プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

16アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

17ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

18ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)

植物由来成分のみで作られたエステルオイルで、自然な艶感やエモリエント作用を付与します。また、肌への密着性に優れるペースト状の油剤であることから、トリートメントのみならずマスカラやリップなどにも用いられます。

19シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

20加水分解コラーゲン

21加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

22ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

23ラウロイルアルギニン

アミノ酸型の両性界面活性剤で、エモリエントな感触や泡立ちの補助として用いられます。

24アスコフィルムノドスム/ヒバマタ/ヒジキ/トロロコンブ/レソニアニグレスセンス/ミツイシコンブ/リシリコンブ/ワカメエキス

海藻エキスです。キューティクルの保護、収斂、肌細胞活性化作用、保湿皮膜形成効果があります。

25ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

26クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

27トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

28グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

29トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル

とても密着性が高い高抱水性のエステルオイルです。耐水性にも優れる被膜効果があり、口紅などにも用いられる。

30グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

31ステアリン酸グリセリル

32ジステアリルジモニウムクロリド

ソフトで滑らかなタッチの4級カチオン界面活性剤。帯電防止効果が優れる。

33イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

34香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

髪のキューティクルを補修し、
パサつきごわつきを徹底ケア。
ノンシリコンで毛穴に詰まる心配がなく、頭皮をやわらかくする働きのある成分が配合されておりますので、髪の毛だけでなく頭皮もしっかりケアできるトリートメントです。
使用を重ねる度に、次第に髪本来の自然なしなやかさが期待できます。

Vedite(ヴィディーテ)ケアトリートメントの関連商品

Vedite(ヴィディーテ)ケアトリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。