ヴィーナスラボ ナチュラルハーブ ピュアソープの解析結果

総合順位

39

総合得点 5点満点

2.63

楽天でヴィーナスラボ ナチュラルハーブ ピュアソープを買う
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3321921
洗浄力
4.8
素材 
2
安全性
3.6
環境 
3
補修力
1.6
潤滑性
0.7
頭皮改善 
2.5
ツヤ 
0.9
感触 
1.7
洗浄剤
1.1

ヴィーナスラボ ナチュラルハーブ ピュアソープの解説

この製品で「泡パック」はまずいでしょう。

デリケートゾーンの様々なケアを目的とした成分が配置されていますが、肝心の洗浄剤が主に石鹸なので、デメリットは時間の経過とともに増していくと考えるのが自然です。

天然由来成分が99%以上と言うのが売りのようですが、ここが既に間違いの始まりといえます。



例えばラウリル硫酸ナトリウムやシリコーンにしても、元をたどれば天然素材からできているわけですから、

天然素材=肌に優しいと言うようなイメージを無理矢理持たせるのは良い考えとは言えません。



そしてこの製品に代表されるように、石鹸が肌に優しいと思わせる事はトップクラスにお勧めできない考え方です。

なぜなら石鹸の特徴であるアルカリ性が、健康な肌の状態をいとも簡単に乱してしまうからです。



例えばデリケートゾーンに使うとして、このアルカリ性の石鹸がデリケートな部分の肌バリアを溶かし出してしまうわけですが、それのどこが肌に優しいのでしょうか。



石鹸のアルカリ性が肌バリアを溶かし出す効率は、ラウリル硫酸ナトリウムを超えているのです。



そういう性格の成分で3分間泡パックをしたらどうなるか、冷静に考えればわかるはずです。その他の成分がデリケートゾーンのケアを重視していることが伝わってきますが、肝心の部分(大半を占める洗浄剤)が目的にそぐわない性質なので、この製品はオススメとはなりません。

ヴィーナスラボ ナチュラルハーブ ピュアソープの全成分

1カリ石けん素地

カリウム石けんです。アルカリ性であり、環境中で分解しづらい金属石鹸が生成されやすく、髪はアルカリでキューティクルが開きダメージ、肌はアルカリにより保湿因子がラウリル硫酸ナトリウムよりも溶出します。

2ソルビトール

3ラウリルスルホ酢酸Na

酸性域で良好な泡立ちを示す界面活性剤。主に弱酸性製品の泡立ち補助などに使われる。

4チョウジエキス

フトモモ科丁子のエキスで、クローブとも呼ばれます。ガロタンニン、オイゲノール、ベンズアルデヒドなどが主成分で、抗菌・抗炎症・血行促進作用などを付与します。

5ショウガ根茎エキス

・ショウガ根茎エキスはショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。

6ウコン根茎エキス

7アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

8ツボクサエキス

セリ科ツボクサの葉から得たエキス。WHO(世界保健機構)が「21世紀の脅威的薬草」と呼ぶお墨付きエキスです。トリテルペン系サポニンであるアジアチコサイドにはコラーゲン生成促進、肌のターンオーバー促進効果、紫外線によるセラミド分解酵素生成を抑制。また、抗菌・抗酸化作用も優れているほか、ニキビ、肌荒れ、シワなどを防止する効果、美白効果など、幅広い作用を期待されます。

9ハマメリス葉エキス

ハマメリスエキスは収れん作用により毛穴を引き締め、皮脂の抑制などに寄与します。また、毛細血管強化、抗炎症作用も。

10マグワ根皮エキス

美白作用、抗酸化作用を付与。

11カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

12カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

13オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

14ユキノシタエキス

・ユキノシタエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、メラニン生成を抑制、収れん作用、女性ホルモン様作用。

15レモングラス葉/茎エキス

16カニナバラ果実エキス

ローズヒップの果実から得たエキスです。抗酸化作用を与えるビタミンを豊富に含みます。

17セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

18ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

19ラベンダー花エキス

シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。

20ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

21ヤシ油

液状の油とワックスの中間の融点を持つ、ラウリン酸主体のオイルです。伸びがよく、皮膚の生理機能を阻害しない、酸化安定性の高いトリグリセリドです。

22カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

23硫酸(Al/K)

24ガリカバラ花エキス

整肌作用、保湿、消炎作用、抗菌作用を付与。

25イランイラン花油

26ローズウッド木油

27香料

香りづけ。

28BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

29エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

30

31PEG-75

32エチドロン酸

33EDTA-4Na

エデト酸四ナトリウム。金属イオンのマスキング、キレート作用を目的に配合されます。製品安定剤として用いられますが、やや刺激性の面でリスクがあり、安全性を重視した製品では採用されにくいタイプです。

販売元による宣伝文

デリケートで大切な部分に使うものだから、“よりやさしく”にこだわりました。
6種のオーガニック成分、天然由来の消臭成分をW配合、さらに15種の厳選ジャムウ成分配合で、効果を最大限に高めます。
デリケートゾーンケアはもちろん、敏感肌の人でも肌の刺激の心配が少なくお使いいただけるようオーガニックだけでなく『無添加』にもこだわり、天然由来成分99.3%の安心感。
“清潔”“低刺激”“保湿力”を全て満たす植物のチカラで、不安定な敏感肌をしっとり柔らかな肌に洗い上げます。
特にニオイが気になる箇所には「3分間泡パック」のスペシャルケアがおすすめです。
天然精油をプラスしたスウィートローズの香り。

ヴィーナスラボ ナチュラルハーブ ピュアソープの関連商品


楽天でヴィーナスラボ ナチュラルハーブ ピュアソープを買う

ヴィーナスラボ ナチュラルハーブ ピュアソープを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。