ヴォーニュ ヘアチェンジ シャンプー モイスト の解析結果

総合順位

820

総合得点 5点満点

2.25
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
273500
  • ヴォーニュ ヘアチェンジ シャンプー モイスト の詳細情報
  • リサージ(LISSAGE)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2762
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 2160円
  • [1mlあたり] 約 5.4円
洗浄力
3.3
素材 
1.8
安全性
3.3
コスパ 
1.8
環境 
3.4
補修力
1.6
潤滑性
1.8
頭皮改善 
1.9
ツヤ 
1.6
持続性
2.2
感触 
2.5
育毛
1.4
洗浄剤
3.7

ヴォーニュ ヘアチェンジ シャンプー モイスト の解説

さっぱり洗えるわりにマイルド、という印象が第一。

使用感に反してしっかりと脱脂できるタイプのベースを持ち、

エキスの中にも清浄作用を持つものもあったりと比較的洗いたい方向けと言える内容です。

名称にあるようなモイスト感はさほど・・さっぱりとした仕上がりで使いやすいタイプと言えますが、ダメージ毛改善のために使うには力不足が否めない印象。

どちらかと言うとクレンジングをマイルドに行いたいという印象が先立つので、

ややチグハグしたものを感じる設計です。

頭皮、髪のどっちにもつかずで中途半端になってしまったシャンプーといえるかもしれません。

ヴォーニュ ヘアチェンジ シャンプー モイスト の全成分

1

2パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン

アミドベタイン型の両性界面活性剤。硬水や幅広いpH領域でも高い起泡・洗浄力を付与。

3ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

4PEG-7グリセリルココエート

・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルを添加。仕上がりに潤滑性を少し加える狙い。

5ラウラミドMIPA

6セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

7ポリクオタニウム-10

8クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

9エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

101

113-ブチレングリコール

12ラミナリアオクロロイカエキス

ラミナリアオクロロイカとは、フランスはブルターニュ地方にあるブレア諸島に生息する黄金海草のことで、この海草から抽出したエキスです。アミノ酸・ミネラルを多く含む、新陳代謝を促進する効果を付与。

13加水分解シルク

14グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

15プロリン

16アラニン

17スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

18甘草エキス

19オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

20サボンソウエキス

・サボンソウエキスはヨーロッパ原産なでしこ科サボンソウの根、葉から抽出されるエキスで、発泡性があり、汚れを落とす作用があるサポニンを含む。

21加水分解コラーゲン

22エデト酸塩

23フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

24安息香酸ナトリウム

25香料

26黄色5号

27緑色201号

販売元による宣伝文

キメ細かく弾力のある豊かな泡で、乾燥してパサつきがちな髪と頭皮をいたわりながら洗い上げます。仕上がりはしっとりなめらかに。スギナエキス配合でデリケートな髪と頭皮を健やかに保ちながら、うるおいを与えます。

ヴォーニュ ヘアチェンジ シャンプー モイスト を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。