UP FAT(アップファット) 凄艶トリートメントの解析結果

UP FAT(アップファット) 凄艶トリートメントUP FAT(アップファット)有効成分にはやはりペリセア・リピジュアという高級補修成分を高濃度で配合しており、更に白金ナノコロイド・ヘマチン・加水分解ケラチン・加水分解ヒアルロン酸・加水分解コラーゲン・加水分解シルク・キトサンというハイスペック!とどめに天然エキス成分を12種類も配合というこだわり!毛質・ダメージ度合い不問で使用できるのが嬉しい!ダメージの度合いによって使用頻度を調整すれば一人一人に合った商品に!もちろんハイダメージや痛みが気になっている方は毎日の使用をおすすめ!シリコン入りトリートメント製品は伸びが悪いがこちらはノンシリコンなので伸びがいいのも特徴!そんなに量を使わなくても全体に行き渡り効果も変わらず!ある意味経済的である!

総合順位

87

総合得点 5点満点

3.16
成分数エキス系特効ダメ
441230
素材 
3.8
安全性
6.3
コスパ 
3.4
環境 
3.3
補修力
3.5
潤滑性
3.9
頭皮改善 
3.6
ツヤ 
2.8
持続性
3.9
感触 
4.4

UP FAT(アップファット) 凄艶トリートメントの解説

本格派な一面を覗かせるトリートメント。

髪を補強しよう、という意図がしっかり感じられる処方です。

ヘマチン、ケラチン、キトサン、ペリセアといった本格派なリペア成分をしっかりと中心に据えているので、

ダメージの補修、髪の弾力アップといった狙いであれば適した製品といえます。





人工皮膚素材キトサンのコーティングやリピジュア、抗酸化の白金やスキンケアエキスまで、

総合力の高い良品トリートメント。

試す価値はありです。

UP FAT(アップファット) 凄艶トリートメントの全成分

1

2ブドウ種子油

リノール酸リッチなトリグリセライド。リッチな感触のエモリエント効果。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

7セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

8ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

9ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

10加水分解ヒアルロン酸

11加水分解シルク

12加水分解コラーゲン

13ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン

・カチオン化ケラチン配合で髪の強度をやや向上させます。

14白金

高い抗酸化作用を示す、特に酸化触媒として働く。

15ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

16ヒドロキシプロピルキトサン

・人工皮膚にも使われるキトサンを配合。強靭で柔軟性のある皮膜を形成し、抗菌作用も期待できる質の高い素材です。

17ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

18ノバラ油

19ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

20サクラ葉エキス

ソメイヨシノの葉から抽出したエキス。美白作用があるとされ、抗酸化作用に優れます。

21モモ葉エキス

成分としてタンニン、フェノール、アミノ酸、フラボノイド、ニトリル配糖体を含んでいます。保湿作用、抗炎症(抗アレルギー)作用、抗酸化(過酸化物抑制)作用、刺激緩和作用、抗菌作用がある。

22ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

23ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

24アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

25オドリコソウエキス

・オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。

26セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

27ゲンチアナ根エキス

28セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

29ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

30オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

31ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

32ツバキ種子油

・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。

33トリエチルヘキサノイン

酸化安定性に優れ、さっぱりした感触のエステルオイルです。

34エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

35ジカプリン酸ネオペンチレングリコール

36ジナタネ種子油脂肪酸エチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート

37DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

38セルロースガム

39トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

40クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

41炭酸水素Na

・炭酸水素Naは、いわゆる重曹。弱アルカリ性であり、スクラブ剤として利用されるほか、pH調整剤としても用いられます。

42フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

43メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

44プロピルパラベン

販売元による宣伝文

有効成分にはやはりペリセア・リピジュアという高級補修成分を高濃度で配合しており、更に白金ナノコロイド・ヘマチン・加水分解ケラチン・加水分解ヒアルロン酸・加水分解コラーゲン・加水分解シルク・キトサンというハイスペック!とどめに天然エキス成分を12種類も配合というこだわり!毛質・ダメージ度合い不問で使用できるのが嬉しい!ダメージの度合いによって使用頻度を調整すれば一人一人に合った商品に!もちろんハイダメージや痛みが気になっている方は毎日の使用をおすすめ!シリコン入りトリートメント製品は伸びが悪いがこちらはノンシリコンなので伸びがいいのも特徴!そんなに量を使わなくても全体に行き渡り効果も変わらず!ある意味経済的である!

UP FAT(アップファット) 凄艶トリートメントの関連商品

UP FAT(アップファット) 凄艶トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。