トリエオムワックスフリームーブ9の解析結果

総合順位

170

総合得点 5点満点

1.46
成分数エキス系特効ダメ
26000
  • トリエオムワックスフリームーブ9の詳細情報
  • ルベルの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1621
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 1728円
  • [1mlあたり] 約 17.28円

トリエオムワックスフリームーブ9解析チャート

トリエオムワックスフリームーブ9の解説

特に個性はないワックスです。

自在な動きを与える、というムーブワックスタイプです。

その中でも、この製品はマイクロクリスタリンワックス、キャンデリラロウをベースに据えややハードな仕上がりに。

多少の消臭効果を与えるチャ乾留液なども配合されていますが、

基本的には感触の調整を各種油性基剤をミックスさせて作っている、というスタンダードなワックスです。

肌に毒性などはほとんどなく、使いやすさに気をつけて作られているため、取り扱いが好感触な製品でしょう。

その感触の良さを除いては、目立って良質な添加剤があると言う風でもなく、

おおむね他のワックスと大きく異なるという事はない製品と言えるでしょう。

トリエオムワックスフリームーブ9の全成分

1

2マイクロクリスタリンワックス

ワセリンから抽出分離した固形成分で、石油由来の炭化水素です。化学安定性が高く、肌に浸透しないため皮膚刺激性がほとんどありません。延びがよく、ワックスタイプの粘性のある素材として重宝される。

3シクロメチコン

4キャンデリラロウ

5オクタン酸アルキル(C14,16,18)

6セテス-15

7テトラオクタン酸ペンタエリスリチル

8PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

9ステアリン酸

10ステアリン酸グリセリル

11コメヌカロウ

12パラフィン

ろうそくのことです。あの白色の炭化水素化合物をパラフィンといい、化学的に安定性が高く滑らかな感触を与えるロウの一種です。

13PEG-115M

14チャ乾留液

化粧品用の緑茶乾留エキスです。高い消臭効果や抗菌作用が特徴です。

15トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

16水酸化Al

酸化チタンや酸化亜鉛などの光触媒作用による肌へのダメージを、水酸化Alで被膜することにより防止します。また、収れん作用があるため肌や歯磨き時の歯肉引き締め効果などに用いられることも。

17カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

18香料

香りづけ。

19水酸化Na

20EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

21BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

22フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

23プロピルパラベン

24メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

25エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

26紫401

販売元による宣伝文

男性ならではの髪質やこだわりに合わせた、メンズスタイリングシリーズ。ナチュラルなツヤ感、自在な動きを表現するクリームタイプのワックス。フリームーブ9はハードな立ち上げ、タイトにキープに仕上げます。

トリエオムワックスフリームーブ9の関連商品

トリエオムワックスフリームーブ9を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。