トリエ デザインフィックススプレー10の解析結果

総合順位

78

総合得点 5点満点

2.21
成分数エキス系特効ダメ
18110
  • トリエ デザインフィックススプレー10の詳細情報
  • ルベルの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1620
  • [容量] 3ml
  • [参考価格] 3円
  • [1mlあたり] 約 1円

トリエ デザインフィックススプレー10解析チャート

トリエ デザインフィックススプレー10の解説

固めに決めるハードスプレーワックス、といった印象。

添加剤にワサビノキ種子エキス(モリンガ)配合という、少しユニークな感触を与えそうな製品です。

モリンガといえば、清浄作用などでも有名ですが、独特な潤滑性も注目点の1つです。

内容からして水スプレーのような使用感と見られます。

ただし、塗布すると速やかにセット力を発揮し、ややハードタイプなスタイリングを楽しめるものと思われます。

肌への危険性は低く、使いやすさも特徴の1つと言えるでしょう。

モリンガでのスタイリングというのもちょっとした訴求ポイントです。

ちょっとした遊び心を演出する、面白い製品。

トリエ デザインフィックススプレー10の全成分

1エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

2DME

ジメチルエーテルのことです。単純なエーテルの一種で、別名メトキシエタンとも呼ばれます。スプレー噴射剤として利用されることが多い。

3(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP

セット持続力に優れた成分。

4LPG

5

6ポリウレタン-14

7ワサビノキ種子エキス

奇跡の木と呼ばれるモリンガから抽出されたエキスです。種子から得られるエキスにはベヘン酸も多く含まれ、エモリエントでリッチな感触を与えると同時に、抗酸化作用も付与します。

8イソステアロイル加水分解シルク

・イソステアロイル加水分解シルクは油性成分(イソステアリン酸)と加水分解シルクから作られた毛髪になじみのよい保護成分。

9グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

10PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

11アクリレーツコポリマーAMP

12イソステアリン酸

13香料

香りづけ。

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15リン酸2Na

16クロルフェネシン

17エチルパラベン

18メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

販売元による宣伝文

瞬間セット・しっかりハードきっちりキめる為のハードスプレー長時間思い通りのスタイルをキープしますルベルのスプレーはこだわりの霧で“ふんわり・やわらか”なデザインを表現

トリエ デザインフィックススプレー10を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。