東京ラヴ フェミニンソープの解析結果

東京ラヴ フェミニンソープ

総合順位

71

総合得点 5点満点

2.19
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
263611

東京ラヴ フェミニンソープ解析チャート

東京ラヴ フェミニンソープの解説

悪意を感じる。

宣伝文を素直に読んでしまうと、いかにも肌に優しそうな精神と思うのが普通ですが、

全成分に載っているそれは印象が全く逆のものです。

強力な泡立ちで、強力に汚れを一掃すると言うのが正しいところです。

確かに、ココアンホ酢酸ナトリウムが配合されてはいますが、助剤(補助的な役割)としての配合に過ぎません。

さらに、旧式の乳化剤や、条件によっては発がん性すら疑われるトリエタノールアミンの配合など、およそ親切とは言いづらい成分をチョイスしています。

付け加えれば、少なくない配合量でフェニルエチルレゾルシノールが配されています。この成分は天然成分を模した美白成分であり、

黒ずみを美白効果で改善するという意図が読み取れます。

それはさておき、少なからず宣伝文との違和感がある製品ということで、検討されている方は注意して選びましょう。
ベビーソープに使われるようなココアンホ酢酸ナトリウムを使ってますよ、と宣伝をしておきながら、

ベースはラウレス硫酸ナトリウムと同等の性質を持つオレフィンスルホン酸ナトリウム。

これでは、勘違いして使ってしまう人がかわいそう。

東京ラヴ フェミニンソープの全成分

1

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

3ココアンホ酢酸Na

4コカミドDEA

5グリセリン

6ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン

7フェニルエチルレゾルシノール

8カミツレ花エキス

9セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

10トウキンセンカ花エキス

11フユボダイジュ花エキス

12ヤグルマギク花エキス

13ローマカミツレ花エキス

14BG

15ポリソルベート20

16クエン酸

17TEA

18エチドロン酸

19エチドロン酸4Na

20カプリル酸グリセリル

21塩化Na

22安息香酸Na

23EDTA-2Na

24シリカ

25シアノコバラミン

26香料

販売元による宣伝文

東京ラブシリーズの特徴成分ロイヤルジャムウに3種のアーユルヴェーダハーブを追加配合し、美白効果で注目を集める植物由来成分シムホワイト377を配合した弱酸性のリキッドソープが、気になるくすみや黒ずみをやさしく洗い上げます。
泡成分はベビーシャンプーなどで使用されるココアンホ酢酸を採用し、お肌に不要な鉱物油、サルフェート、アルコール、パラペンをFREEに。
肌に吸収されやすい液状だから、肌のphと同じ弱酸性に調整し、肌への刺激を抑えたやさしい洗い上がりに仕上げました。
洗い上がりのスッキリ感も大幅アップ!女の子みんなが憧れる美しくて白い肌へ導きます。

    東京ラヴ フェミニンソープの関連商品

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京ラブ フェミニンソープ(150mL)【東京ラブソープ】
価格:1058円(税込、送料別) (2018/2/1時点)


株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。