ザ・レチノタイム ウォッシングフォームの解析結果

楽天で購入

総合順位

138

総合得点 5点満点

1.9
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
354221
ザ・レチノタイム ウォッシングフォーム解析チャート

ザ・レチノタイム ウォッシングフォームの解説

泡が濃厚とか弾力あるとか、そこじゃない

濃厚でキメ細かい弾力泡!という商品説明がありますが、泡はどうあれ、中身は石鹸です。

まずはそこを認識することから始めた方がいいでしょう。

色々と配合されていますが、基本的なベースはほぼ石鹸と言えます。

量産型の石鹸ですね。そこにベヘン酸などの重めの脂肪酸も加わり、使用感としてはちょっぴり濃厚な感じなります。

ただ、アルカリ性という石鹸の特徴は変わりありませんので、石けんとしてのデメリットそのままです。

石鹸のデメリットとは

石鹸のデメリットというと、アルカリ性であることにより保湿成分を溶かしだしてしまうという最大の負の要素があります。

これは単純に洗浄力というものではなく、溶かし出されるという特殊な肌乾燥性があるので、かなり気をつけたい部分ですね。

気を付けるというのは、しっかりとアルカリを除去して保湿を行うアフターケアが必須ということです。

さらに、オレンジ油の添加がある部分でさらに脱脂力アップ。乾燥力がより高いということもあります。

まとめ

少しばかり慰め程度にアミノ酸系洗浄剤が添加されていたりしますが基本は石鹸であるということ。

さらに単純な石鹸よりも脱脂力が高くなっているというので、肌の乾燥を来す能力が高いことは注意しなくてはいけません。

石鹸タイプの洗顔料に慣れている方も多いと思いますが、石鹸が当たり前ではないということ。

石鹸よりも肌への負担が低く、扱いやすい洗顔料というのはたくさんあるということを知って、その上でこのような製品を自分が使うかどうかということを選択されると良いかと思います。

石鹸が絶対ダメということではなく、石鹸は必然的にアルカリ性なのだよ、ということを活かせるのかどうか、自分にとって相性が悪いのであれば他の選択肢がないのか、その辺りに考えが及ぶかどうかということです。

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。
オレンジ油
セリ科ツボクサの葉から得たエキス。WHO(世界保健機構)が「21世紀の脅威的薬草」と呼ぶお墨付きエキスです。トリテルペン系サポニンであるアジアチコサイドにはコラーゲン生成促進、肌のターンオーバー促進効果、紫外線によるセラミド分解酵素生成を抑制。また、抗菌・抗酸化作用も優れているほか、ニキビ、肌荒れ、シワなどを防止する効果、美白効果など、幅広い作用を期待されます。
ツボクサエキス
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。
ポリクオタニウム-7
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。
ココイルメチルタウリンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
ダイズステロール
加水分解ダイズタンパク
加水分解ヒアルロン酸
水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。
水酸化K
肌の真皮層に分布するコラーゲン同士を結びつける繊維状タンパク質です。ゴム状に伸縮する特徴があり、肌の弾力・柔軟性を維持するために欠かせないタンパク質です。
加水分解エラスチン
ピルビン酸(α-ヒドロキシ酸)を含み、表皮の代謝を活性化する他、抗酸化作用などを付与します。
ハイビスカス花エキス
とうもろこし由来のグルコース由来の成分です。バランスよく保湿感を与えます。
メチルグルセス-10
糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。
デシルグルコシド

石けんはアルカリ性。



洗顔料に何を求める?

販売元による宣伝文

●濃厚でキメ細かい弾力泡がハリ感とうるおいを守りながらもっちりとした肌に洗い上げる洗顔料。
●香りは天然由来のオレンジ油(保湿成分)によるものです。
●無香料・無着色・無鉱物オイル・パラベンフリー