タマノハダコンディショナーの解析結果

総合順位

1551

総合得点 5点満点

1.65
成分数エキス系特効ダメ
9001
  • タマノハダコンディショナーの詳細情報
  • タマノハダの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1569
  • [容量] 540ml
  • [参考価格] 1470円
  • [1mlあたり] 約 2.72円

タマノハダコンディショナー解析チャート

タマノハダコンディショナーの解説

シンプルな上に安っぽくてダメ。

ノンシリコン、と謳ってますが、

逆にシリコンをいい具合にチョイスして配合したら超さらさらになるのになぁ、とも思ってしまうか弱い内容。

石鹸成分を含むステアリン酸グリセリル(SE)まで配合し、数少ない成分が全く躍動感のない一品。

タマノハダコンディショナーの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

4香料

香りづけ。

5ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

6オクチルドデカノール

植物由来の分枝鎖飽和アルコールで、水添ポリイソブテンの感触改良作用がある。薄い皮膜を形成し、ベタつきのないさらっとした感触を与える。

7ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

8アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

9ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

販売元による宣伝文

安心できる素材の植物油から生まれた、ノンシリコンのコンディショナーです。自分の髪の状態が良くわかり、髪そのものは持つ自然な治癒力を活かして、髪を健やかな状態に整えます。ラベンダー(疲れた時にホッとできる香り)の、天然精油から生まれた香りが髪を包みこみます。

タマノハダコンディショナーの関連商品

タマノハダコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。