サプリケアイズム コントロールIfの解析結果

総合順位
714
総合得点 5点満点
2.09
成分数エキス系特効ダメ
25110

サプリケアイズム コントロールIfの詳細情報

[製造販売元] デミコスメティクス

[商品ID] 3442
[容量]200ml
[参考価格]1575円
[1mlあたり] 約7.88

素材 

1.8

安全性
3.6

コスパ 

1.7

環境 
2.6
補修力
2.4
ツヤ 
2.2
感触 
3.9

サプリケアイズム コントロールIfの解説

感触は良いが、クオリティは普通。

内容は至ってシンプル。

シンプルですが、バランスよく配合されている印象です。

主な目的はアミノ酸配合などによる保湿。

被膜という観点では能力が少ないので、

そこそこに潤滑性を与える一品というだけ。

サプリケアイズム コントロールIfの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

4セトリモニウムブロミド

5エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

6オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

7加水分解卵殻膜

8リンゴ酸

リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。

9グルタミン酸

10アルギニン

11グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

12セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

13トレオニン

14アラニン

15プロリン

16リシン

17PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

18ソルビトール

19ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

20ベヘントリモニウムメトサルフェート

非常に効果的な4級カチオン界面活性剤です。毛髪のまとまりを向上させる。水に分散する。ソフトで快適な櫛通り。

21セテアリルアルコール

22BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

23ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

24メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

25プロピルパラベン

メーカーの紹介文

オリーブオイルの作用により、キューティクルを整えさらさらな髪に仕上げます。

サプリケアイズム コントロールIfの関連商品

サプリケアイズム コントロールIfを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。