ソフィーナ オイルメイク落としの解析結果

ソフィーナ オイルメイク落とし花王みずみずしくしっとりした肌に洗い上げるメイク落としです。美容液成分を30%以上も配合。肌のうるおいを守ります。メイクにするするなじむ、スピーディオフ処方。落ちにくいマスカラも、キメの奥に入り込んだファンデーションもこすらずすっきり落とせます。

総合順位

34

総合得点 5点満点

4.01
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
140110
  • ソフィーナ オイルメイク落としの詳細情報
  • 花王の関連商品
  • [JANコード] 4901301278982
  • [商品ID] 6008
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 1944円
  • [1mlあたり] 約 12.96円

ソフィーナ オイルメイク落とし解析チャート

ソフィーナ オイルメイク落としの解説


ソフィーナ オイルメイク落としの全成分

1グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3

4ジカプリリルエーテル

優れた延展性を有した非常に軽い使用感の油剤です。 シリコーンとの相溶性に優れ安定性、生分解性が良好な油剤です。クレンジング剤などに適す。

5水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

6ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

お化粧のクレンジング剤として頻出。W洗顔不要タイプの製品に使われるように、水がある環境でもクレンジング効果を発揮し、高い洗浄力を与えます。脱脂するので、肌のアフターケアが必要となります。シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。

7ラウリン酸PEG-12

8イソステアリン酸ポリグリセリル-2

9テトラオレイン酸ソルベス-30

10デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

11メチルグルセス-20

・メチルグルセス-20は潤い感のある皮膜を形成。ナチュラルな使用感と保湿性が特徴のメチルグルコシド誘導体です。

12ショウガ根エキス

・ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。

13エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

14香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

みずみずしくしっとりした肌に洗い上げるメイク落としです。美容液成分を30%以上も配合。肌のうるおいを守ります。メイクにするするなじむ、スピーディオフ処方。落ちにくいマスカラも、キメの奥に入り込んだファンデーションもこすらずすっきり落とせます。

ソフィーナ オイルメイク落としの関連商品

ソフィーナ オイルメイク落としを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。