シンスボーテ オーガニックシャンプーの解析結果

シンスボーテ オーガニックシャンプー

総合順位

178

総合得点 5点満点

3.5
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3751620
  • シンスボーテ オーガニックシャンプーの詳細情報
  • 株式会社N&O lifeの関連商品
  • [JANコード] 4571461541280
  • [商品ID] 7267
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 3240円
  • [1mlあたり] 約 10.8円
シンスボーテ オーガニックシャンプー解析チャート

シンスボーテ オーガニックシャンプーの解説

美容液に近いようなシャンプー。泡質に難あり?

しっとりアミノ酸系洗浄剤ベースの、美容系植物エキス配合シャンプーです。

美容効果を謳われる植物エキスをたくさん配合して、洗うよりエイジングケア優先という姿勢が垣間見られる構成ですね。

洗浄剤はアミノ酸系だが、クオリティは・・

ココイルグルタミン酸2Naと両性界面活性剤がベース。これは見るからに泡立ちが弱めで、ちょっとした汚れ、油分があると泡立ちが困難になるタイプです。非常にしっとり感があり、コンディショニング効果もありますが、どちらかというと洗浄力がかなり低いと見ていいでしょう。

さっぱり洗い上げたい場合はかなりタイプが違うので、ハッキリとしっとりエモリエント系が好きな人向けのシャンプーであると理解して選ばれたほうがよいでしょう。

植物エキスのチョイスは質が高い

WHOが「21世紀の驚異的薬草」とまで言ったツボクサエキスをはじめ、ウチワサボテンことオプンチアフィクスインジカ種子油のタンパク質修復作用、バオバブの抗酸化作用、アシタバのセラミド産生・白髪抑制・血行促進育毛作用を中心に、収れん作用による皮脂コントロール効果、ザクロ、チャの抗酸化作用などなど、バリエーションに富んだ植物エキスの有効性を内包しています。

このあたりの美容効果の高い素材をきちんとチョイスして配合している点は評価でき、様々なメリットをもたらす可能性があります。1つ考慮したいのは、洗い流してしまうという点で効能に即効性は期待できない、浸透、残留させる要素が乏しいので効果を最大限利用できるとは思えない、ということ。あくまでも毎日のように使って微々たるメリットを積み上げていくようなイメージです。その先に、これらのメリットのうちどれかが顕在化する、かもしれません。

シャンプーとしては完成度は高くないが・・

シンスボーテシャンプーの方向性は明確にオーガニックマイルドタイプといえます。素材に多くの植物由来を使っているだけでなく、実際に肌には低刺激で安心して使えるシャンプーに仕上がっていますね。その点は間違いないです。

ただし、泡質、泡立ち、仕上がりやエキスのメリットの最大化といった機能面ではやや完成度が低く、快適に使えるシャンプーとしての質はもう一声ほしいという印象ですね。

オーガニック構成のためコストもやや上昇しているようです。このあたり、オーガニックを重視するのであれば買いでもOKですが、さっぱり感や美容効果がより高い、ヘアケア性能がもっと高いのが良い、という場合はほかを当たるほうが合理的でしょう。

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。
カンゾウ根エキス
抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。
ローズマリー葉エキス
シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。
オウゴンエキス
アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。
カミツレ花エキス
コメヌカエキス
ユーカリのベビーリーフから抽出したエキス。抗菌作用、美白作用、育毛作用、抗炎症作用、角質細胞賦活作用などが期待できます。
ユーカリ葉エキス
セリ科ツボクサの葉から得たエキス。WHO(世界保健機構)が「21世紀の脅威的薬草」と呼ぶお墨付きエキスです。トリテルペン系サポニンであるアジアチコサイドにはコラーゲン生成促進、肌のターンオーバー促進効果、紫外線によるセラミド分解酵素生成を抑制。また、抗菌・抗酸化作用も優れているほか、ニキビ、肌荒れ、シワなどを防止する効果、美白効果など、幅広い作用を期待されます。
ツボクサエキス
・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。
ツバキ種子油
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。
グレープフルーツ果皮油
シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。
ラベンダー油
アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。
ココイルグルタミン酸2Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。
ローズマリー油
シソ科植物でタイムというハーブの名称の方が知られているかもしれません。防腐・殺菌作用をはじめ、血行促進、抗酸化作用を付与します。
タチジャコウソウ花/葉エキス
炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。
プロパンジオール
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。
チャ葉エキス
ラベンダー花水
強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも
ザクロ果実エキス
セリ科の明日葉のエキスです。ビタミンAやフラボノイドなどを含有し、セラミド産生促進作用や白髪抑制作用、血行促進作用を付与します。
アシタバ葉/茎エキス

オーガニックシャンプー。防腐剤までマイルド仕上げ



泡質が弱い。シャンプーとしての完成度は高い方ではない。

販売元による宣伝文

【毛穴クレンジング】
コメヌカエキスとアミノ酸系洗浄成分のもちもち泡が毛穴の蓄積汚れをすっきり洗浄

【ボリュームアップ】
ユーカリエキス配合で気になるエイジング悩みを地肌からケアし、根元から立ち上がりハリのある髪に

【黒髪ケア】
日本人の黒髪に着目し、アシタバエキスを配合&ザクロエキスが女性のゆらぎをケアし、頭皮や髪を健やかに保ちます

【100%天然由来成分・国産オーガニック】
頭皮にも髪にもやさしく、信頼のMade in Japan

【ノンシリコンをはじめ、10の無添加】
シリコン、パラベン、ラウレス硫酸Na、パレス硫酸Na、鉱物油、動物由来原料、パラフィ

シンスボーテ オーガニックシャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。