シャワラン フレグランスリンスの解析結果

総合順位

1253

総合得点 5点満点

1.81
成分数エキス系特効ダメ
25500
  • シャワラン フレグランスリンスの詳細情報
  • 牛乳石鹸共進社の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1558
  • [容量] 600ml
  • [参考価格] 360円
  • [1mlあたり] 約 0.6円
素材 
0.5
安全性
2.1
コスパ 
2.2
環境 
2.5
補修力
2.2
潤滑性
2.6
頭皮改善 
0.5
ツヤ 
2.1
持続性
2.9
感触 
3.9

シャワラン フレグランスリンスの解説

リンスらしい平凡なレベル。

100円均一に近いレベルのリンスで、値段も安いですが中身はそれ以上に力が入っていない内容と言えるでしょう。

ほのかに保湿感があったり、少しのスキンケアエキスが配合されていたりもしますが、基本的に低質で肌にやや負担が強く、

特におすすめするようなものではありません。

シャワラン フレグランスリンスの全成分

1

2PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

3セテアリルアルコール

4BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

5ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

6セトリモニウムブロミド

7セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

8トレオニン

9ノバラエキス

10シャクヤクエキス

抗AGEs(抗糖化)作用や免疫増強効果などを付与。

11カミツレエキス

12ベニバナエキス

13ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

14加水分解コラーゲン

15(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

16ステアリン酸グリセリル

17ラウリン酸マルチトール

18パラフィン

ろうそくのことです。あの白色の炭化水素化合物をパラフィンといい、化学的に安定性が高く滑らかな感触を与えるロウの一種です。

19香料

香りづけ。

20イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

21エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

22ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

23パラベン

24緑3

25黄203

販売元による宣伝文

頭皮に異常があるときや異常が現れた時は、使わないでください。目に入った時はすぐに洗い流してください。5つの植物エキス(のばら・シャクヤク・ベニバナ・カミツレ・ローズマリー)配合で髪のうるおいを保ちます。植物性コンディショニング成分配合がもつれを防ぎ、まとまりやすい髪に仕上げます。

シャワラン フレグランスリンスの関連商品

シャワラン フレグランスリンスを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。