サラ トリートメント 軽やかさらさら(サラの香り) の解析結果

総合順位

659

総合得点 5点満点

2.17
成分数エキス系特効ダメ
25000
  • サラ トリートメント 軽やかさらさら(サラの香り) の詳細情報
  • カネボウ化粧品の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5181
  • [容量] 180ml
  • [参考価格] 1134円
  • [1mlあたり] 約 6.3円

サラ トリートメント 軽やかさらさら(サラの香り) 解析チャート

サラ トリートメント 軽やかさらさら(サラの香り) の解説

わずかに持続性があるサラサラ感。

絶大なコンディショニング作用はないが、じわじわと継続的に感触の改善が続く。

コストパフォーマンスはあまり良くないが、安物に勝る部分はなくもない。

サラ トリートメント 軽やかさらさら(サラの香り) の全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

6セテアリルアルコール

7ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2

ラノリンに類似したペースト状のエステルです。体温付近に融点を持ち、肌なじみよく延びが良い、高抱水性オイルです。

8香料

香りづけ。

9エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

10PPG-8セテス-20

親水性の乳化剤です。

11ステアリン酸PEG-55

12パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

13PPG-5フィトステロール

14PPG-8セテス-10

15BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

16ヒドロキシエチルセルロース

17ビスセテアリルアモジメチコン

構造の両端にセテアリル基を持つアミノ変性シリコーン。単純なアモジメチコンと比較してベタつきにくく、ツヤと指通り感が良い。カラーリングのアフターケアにも有用である。

18(トリメチルシリル加水分解コラーゲン/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

19ビス(ポリグリセリル-3オキシフェニルプロピル)ジメチコン

両端にポリグリセロール基を持つシリコーンオイル。洗浄剤内でも皮膚や毛髪への高い吸着性を持ち、シリコーン由来の滑らかな感触を持続的に付与することができます。乳化・可溶化・分散剤。

20加水分解シルク

21加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

22フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

23安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

24黄4

25黄5

販売元による宣伝文

軽やかでさらさらの指通りで、髪がまとまるトリートメントです。清楚でやさしいサラの香りが長時間持続します。弱酸性。

サラ トリートメント 軽やかさらさら(サラの香り) の関連商品

サラ トリートメント 軽やかさらさら(サラの香り) を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。