サロンドプロカラーシャンプー アッシュブラウンの解析結果

サロンドプロカラーシャンプー アッシュブラウン

総合順位

1111

総合得点 5点満点

2.11
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
244300
  • サロンドプロカラーシャンプー アッシュブラウンの詳細情報
  • ダリヤの関連商品
  • [JANコード] 4904651184033
  • [商品ID] 7620
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 990円
  • [1mlあたり] 約 3.96円
サロンドプロカラーシャンプー アッシュブラウン解析チャート

サロンドプロカラーシャンプー アッシュブラウンの解説

満足度は高い、しかし瞬間的なもの

質が低い洗浄剤ながら、使用感だけは良い

洗浄剤の部分は、 使用感は良いものの 洗浄力の高さは 市販の量産型レベル。

つまり、 質が良いというものではないということですね。

(C12,13)パレス-3硫酸Naは ラウレス硫酸ナトリウムとほぼ同等、 しかし感触はちょっとクリーミーという成分ですし、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールのような やはり完食を改善するような成分も含まれているので、 実際のクオリティよりも感触はよく感じる というのが特徴になっています。

とはいえ、 こちらのシャンプーの目的というのは アッシュ色素の補充にありますので、 その目的がしっかりと 達せられれば 洗浄剤の少しばかりの質の低さは気にならない可能性もありますね。

塩基性青75、 塩基性茶16という 吸着性が高いタイプの色素を 配合していて、 これは確かに 洗うだけでしっかり髪に色素が定着するという特徴を 示唆しています。

アッシュブラウンの色を髪に足すという 目的は、どうやら 嘘ではないようですね。

とにかくクオリティは普通だが感触がいい

このシャンプーは取りも直さず感触が良いというのが特徴です。

前述したように洗浄剤自体もクリーミーなタッチであること、さらにシクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールの配合などがありますが、それだけでなくホホバオイル、ポリクオタニウム7、PEGー10ジメチコンまで配合。

椿オイルの配合もそうですが、仕上がりのその瞬間だけは潤滑性をたっぷりと感じさせるように設定されているようです。

これは、カラー毛を美しく見せるという一つのテクニックでもありますが、実際に入ったアッシュブラウンの色素がより美しく見えるように工夫がされているものと思われます。

これ自体は決して悪いものではないですね。

ただ、改善点としてはやはりベースの洗浄剤の部分では値段なりという印象が拭えないため、長期的な視点で見ると髪に負担となる洗浄力の高さだなあと感じます。

髪の保湿成分バリア成分を一掃してしまうだけのパワーはあるので、都度感触を良くするためのオイルなどが髪に乗るとしても、髪の内部のバリア成分は溶出してしまう量のほうが多くなるでしょう。

髪の傷みを抑えながら、という部分を重視したいのであれば、よりマイルドな処方のシャンプーを選ばれるべきかと思います。

そこら辺は気にしないよ、次のであればこのシャンプーでも色の補充という点では満足を得られるのではないでしょうか。

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。
ローズマリー葉エキス
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。
ポリクオタニウム-7
両親媒性型のエステル油で、水溶性有効成分の浸透促進効果、スピーディーなクレンジング効果、べたつきが少なく、軽い感触に仕上げる作用があります。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
ツバキ油
ラウレス硫酸ナトリウムと同様に強い泡立ちと洗浄力を特徴とし、主洗浄剤として使用可能です。髪や肌の乾燥につながる恐れがあるので、敏感肌・乾燥肌・ダメージ毛の方などは注意。
(C12.13)パレス-3硫酸Na

長期的に髪のことを思うのであればちょっとクオリティが低い

販売元による宣伝文

シャンプーしながら染めた髪色キレイにキープ。キメ細かい泡でやさしく洗い上げながら、白髪染め(ヘアカラー)の色落ちを補い、染めた髪色をキレイに保ちます。放置時間なしでカラーケア。白髪のキラキラ感をおさえるアンチグリッター処方採用。髪にうるおい、ツヤ、はり・コシを与える5種のトリートメント成分配合。ふんわりボリューム感のある仕上がり。心地よいハーバルアロマの香り。