RV シャンプー の解析結果

総合順位

950

総合得点 5点満点

2.17
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
211200
  • RV シャンプー の詳細情報
  • ilaの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3076
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 2700円
  • [1mlあたり] 約 18円

RV シャンプー 解析チャート

RV シャンプー の解説

ほとんどシャンプーとして機能しない。



洗浄というほど洗った感のない、ベビーシャンプー以下の洗浄性が特徴です。

肌に負担の限りなく少ない物が良い、というケースには良いですが、一般的には呆れるほど使い甲斐のないレベル。



コストパフォーマンスとしてもどうなのかと思うほど、例えば化粧水とか、そっちに近い印象です。

わずかに汚れがとれることはとれますが、洗浄性が控えめなら良いかというと、そうでもないと思います。





適度に洗えて、かつ低刺激であるべき。

RV シャンプー の全成分

1

2デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

3ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

6キラヤエキス

7アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

8アンズ核油

杏仁豆腐の原料でおなじみです。オレイン酸含有量の多いトリグリセライド。エモリエント作用。

9パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

10キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

11P-アニス酸

12イランイラン油

13ゼラニウム油

14カプリル酸グリセリル

・カプリル酸グリセリル、これだけで防腐剤として使われたりもしますが、単独ではやや弱いので配合量が多くなったりする可能性も。

15安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

16シトロネロール

17ゲラニオール

バラに似た香料で、防蚊効果を有する。

18ファルネソール

19リナロール

20安息香酸ベンジル

21サリチル酸ベンジル

販売元による宣伝文

香り豊かなエッセンシャルオイルがブレンドされたシャンプーです。髪と頭皮をさっぱりと洗い上げます。

RV シャンプー の関連商品

RV シャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。