ローズデファラ トリートメントコンディショナーの解析結果

総合順位

340

総合得点 5点満点

2.53
成分数エキス系特効ダメ
14010
素材 
1.9
安全性
4.3
コスパ 
3.1
環境 
2.8
補修力
3.6
潤滑性
3.8
頭皮改善 
1.7
ツヤ 
2.9
持続性
3.3
感触 
3.7

ローズデファラ トリートメントコンディショナーの解説

バラとシルクタッチ。



中心成分は(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク。これはシリル化シルクで、シリコンが熱反応して髪に均一で持続性の高い被膜を形成します。

その他には特に大きな特徴のある成分はありません。

ベースはややしっとり系の油性成分と、べたつかせないシリコン、エステルで構成。

全体としては、

熱反応性シルクは価値ある成分ではありますが、全体的に効能は低く、リンスに毛が生えた程度のインパクトしかありません。

4500円という値付けも内容と釣り合っているとは考えづらいライン。

ダマスクバラは高級ですが、あえてこの製品を選ぶほどではないと考えて差し支えないでしょう。

もうひとつです。

ローズデファラ トリートメントコンディショナーの全成分

1

2ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

6パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

7ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

8ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド

4級カチオン界面活性剤です。髪に吸着してコンディショニング作用を与え、殺菌作用、帯電防止効果を付与します。

9ダマスクバラ花油

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。

10加水分解シルク

11(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。

12スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

13イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

14メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

販売元による宣伝文

天然ダマスクローズ原料配合、無添加にこだわった自然派ヘアケアトリートメントです。思わず触れたくなるツヤ。長時間スタイルキープで形状記憶。トリートメント成分がすばやく浸透し、髪はつやつや、地肌はサラサラに仕上がります。クシ通りがよく、柔軟でいてコシのある髪に仕上がります。鉱物油・色素・合成香料は使用しておりません。

ローズデファラ トリートメントコンディショナーの関連商品

ローズデファラ トリートメントコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。