ロール キャピロール シャンポワン・オーザルグ の解析結果

総合順位
1521
総合得点 5点満点
1.4
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
351010

ロール キャピロール シャンポワン・オーザルグ の詳細情報

[製造販売元] ジョジアンヌ・ロール

[商品ID] 2602
[容量]200ml
[参考価格]4536円
[1mlあたり] 約22.68

洗浄力

0.1

素材 

0.3

安全性
2.8

コスパ 

1

環境 
2.6
補修力
2.3
ツヤ 
2.2
感触 
2.8

育毛

0.6

洗浄剤
2.3

ロール キャピロール シャンポワン・オーザルグ の解説

ラウレス硫酸系目白押し。

なにやら風変わりなシャンプーですが、

基本、高洗浄、高脱脂。

添加洗浄剤で刺激をやや緩和していますが、

それを差し引いても強力すぎ。

クレンジングシャンプーと名乗っているので間違ってはいませんが、

ここまでの強力な洗浄力を必要とする人もなかなかいません。

髪もバシバシになってしまいます。

肌のバリヤが取られすぎてしまいます。

よって、これは使う理由を探しづらい系です。

ロール キャピロール シャンポワン・オーザルグ の全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

6グルタミン酸Na

7ホホバ種子油

8シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

9ゼイン

・ゼインはトウモロコシ由来の非水溶性たんぱく質で、シリコーンに匹敵する指通り・被膜形成力と毛髪のハリ向上、カラーロック、皮膚付着性向上、毛髪強度向上、ツヤ向上といった効果を与える。

10オプンチアフィクスインジカ/オプンチアマキシマ葉エキス

11ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

12スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

13ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

14加水分解シルク

15PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

16プロリン

17グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

18アラニン

19アルギニン

20リシン

21トレオニン

22セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

23トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

24ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

25イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

26ヒドロキシエチルセルロース

27DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

28ソルビトール

29酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

30BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

31エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

32エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

33メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

34フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

35香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

海のミネラルをたっぷり含んだフランス・ブルターニュ産の海藻エキスが主成分のクレンジングシャンプー。髪と頭皮にミネラルとうるおい、栄養を与えながら、汚れはもちろん毛穴につまった皮脂まで効果的に洗浄し、すこやかな髪と頭皮に洗い上げます。また、天然成分の働きにより、髪と頭皮にいきいきとした活力を呼び覚まします。植物のヤシ油を使用していますので、さっぱりとハリのある仕上がりです。汚れをしっかり落とすので、その後に使うリンスやトリートメントの浸透が抜群に高まります。

ロール キャピロール シャンポワン・オーザルグ の関連商品

ロール キャピロール シャンポワン・オーザルグ を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。