Ritua リチュア ボタニカルパワーシャンプーの解析結果

Ritua リチュア ボタニカルパワーシャンプー
Ritua リチュア ボタニカルパワーシャンプー

総合順位

349

総合得点 5点満点

3.01
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
4472110
  • Ritua リチュア ボタニカルパワーシャンプーの詳細情報
  • K’s Selectionの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6754
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 5000円
  • [1mlあたり] 約 12.5円

Ritua リチュア ボタニカルパワーシャンプー解析チャート

Ritua リチュア ボタニカルパワーシャンプーの解説

決して悪くはないが

ボタニカルシャンプーですよ、と聞いて思い浮かぶのは、天然素材で肌に優しいとか、そういうこだわり的な部分だと思います。

しかし、このシャンプーのベースはオレフィンスルホン酸Naという、ほとんどラウレス硫酸ナトリウムと同等の洗浄剤。

大半を占める最も配合量の多い素材がボタニカル感には程遠い洗浄剤というのも困ったものです。



単純に脱脂力が強すぎるし、肌刺激性は少し気をつけなければなりません。唯一、環境分解性は少し良いですが、優しい洗浄剤だとは全く言えませんね。



このベース素材に、アミノ酸系の洗浄剤などをいくつもミックスしているのがベースの構成となっています。

オレフィンスルホン酸Na単体よりは刺激緩和され、多少のコンディショニング効果も伴うでしょう。

ただし、5000円という値段に見合ったクオリティかと言われると、微妙です。



ボタニカル云々という点では、配合エキスの数々は比較的クオリティが高いです。

香りよし、保湿良し、抗炎症・整肌作用を多少期待できるでしょう。

添加成分の種類は多いですが、全体的に保湿力を重視している傾向にあるようです。

添加洗浄剤であるココイル加水分解ダイズタンパクKも保湿効果の増強に一役買っています。



総合力はまずまず高く、使ってみて不満に感じる可能性はあまりありません。

使用感という部分ではよく気遣って作られている印象です。



逆に言えば際立って優れた素材を配合しているわけではなく、よくある素材を組み合わせてそれらしく仕上げていると言えなくもないので、

本質的にクオリティの高いシャンプーをお探しであれば違うと感じる可能性高し。

ボタニカル云々を謳うシャンプーにありがちな、抜け道的な発想の処方になってはいないか。

Ritua リチュア ボタニカルパワーシャンプーの全成分

1水(竹のミネラル水)

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

3ココイルグルタミン酸Na

4ラウロイルメチルアラニンNa

5BG

6ココアンホプロピオン酸Na

7コカミドプロピルベタイン

8グリセリン

9ココイル加水分解ダイズタンパクK

10ポリクオタニウム-10

11ラフィノース

12ハトムギ種子加水分解液

13ツバキ油

14ユチャ油

15スイカズラ花エキス

16サンショウ果実エキス

17プルサチラコレアナエキス

18グレープフルーツ果実エキス

19グリチルリチン酸2K

20コラーゲン

21チューベロース多糖体

22加水分解コンキオリン

23ヨモギエキス

24プラセンタエキス

25黒砂糖

26酵母発酵エキス

27クエン酸Na

28ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

29ヒアルロン酸Na

30センブリエキス

31モモ葉エキス

32ゲットウ葉油

33ノバラエキス

34アルギン酸Na

35アルニカ花エキス

36オドリコソウ花エキス

37オランダカラシエキス

38ゴボウエキス

39セイヨウキズタエキス

40ニンニクエキス

41マツエキス

42ローズマリーエキス

43ローマカミツレ花エキス

44香料

販売元による宣伝文


ノンシリコン、ノン石油系界面活性剤、ノン人工香料
体内で分解される「生分解性」に基づく、最高の安全性
殺菌力、脱臭力に優れた天然成分
美髪を育てる

ボタニカルパワーで細胞から健康に生まれ変わる
免疫力アップを促すエイジングケア成分
抜け毛、薄毛に悩む方のための育毛促進成分
ツヤ コシ

頭皮までしっかり洗える、泡立ちの良さ
保湿に優れ、サラサラなのにまとまりのある髪に
ツヤ・コシ豊かなボリュームある髪に

    Ritua リチュア ボタニカルパワーシャンプーの関連商品

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。