リシリッチ利尻ヘアクリームの解析結果

リシリッチ利尻ヘアクリーム

総合順位

171

総合得点 5点満点

2.47
成分数エキス系特効ダメ
64750

リシリッチ利尻ヘアクリーム解析チャート

リシリッチ利尻ヘアクリームの解説

ギリギリの安全性

高いコンディショニング効果を期待できる内容ではありますが、ベースに含まれるステアラミドプロピルジメチルアミン(3級カチオン界面活性剤)が不気味です。

4級よりも安全性が高いとはいえ、洗い流すことが前提での安全性ともいえる成分です。

果たしてこの成分をつけたまま流さず、それが肌に触れ続けたら・・

肌に何も起きないことを願うしかない状態といえるかもしれません。



それを乗り越えても、やはりカチオン界面活性剤であるクオタニウム-96や光毒性の懸念ありのグレープフルーツ果皮油、バリバリの4級カチオン界面活性剤ナタネアミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェートなど、

わりと安全性より感触優先してるなぁという印象が強いのがこの製品です。



成分数がやたらに多いので個々の毒性は低めになる可能性はありますが、

何しろ低濃度でも重篤な粘膜刺激性を有するカチオン界面活性剤、何もトラブルがなければ幸運を天に感謝したほうがよさそうです。



指通り、潤滑性といった感触に関してはさすがに効果が高いです。

ある程度の髪内部補修能もあり、アウトバストリートメントとしての能力はかなりのものですが、

わりとリスクの上に成り立ってる感触の良さだと認識すべきかもしれませんね。

洗い流さない製品でありながら、安全性は際どいラインに設定。

リシリッチ利尻ヘアクリームの全成分

1

2ミリスチルアルコール

3ステアラミドプロピルジメチルアミン

4PPG-3カプリリルエーテル

5PPG-52ブチル

6γ-ドコサラクトン

7セバシン酸ジエチル

8アルガニアスピノサ核油

9ウンデシレン酸グリセリル

10オリーブ油

11カプリル酸グリセリル

12クエン酸

13クエン酸Na

14グリセリン

15グレープフルーツ果皮油

16オレンジ果皮油

17ココイルアルギニンエチルPCA

18サトウキビエキス

19シア脂

20ジカプリル酸PG

21ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

22ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

23ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)

24ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

25トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

26ナタネアミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート

27クオタニウム-96

28DPG

29プロパンジオール

30パルミチン酸イソプロピル

31ブドウ種子エキス

32トコフェロール

33エタノール

34PEG-40水添ヒマシ油

35ヘキシルデカノール

36ベヘニルアルコール

37ホホバ種子油

38ポリクオタニウム-72

39ミリスチン酸

40ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル

41リシリコンブエキス

42ワサビノキ種子エキス

43乳酸

44BG

45水添レシチン

46コレステロール

47セラミド3

48キサンタンガム

49ステアロイルグルタミン酸Na

50エチルヘキサン酸セチル

51パルミチン酸デキストリン

52ツバキ種子油

53スクワラン

54マカデミアナッツ油

55ヒマワリ種子油

56ジメチロールプロピオン酸ヘキシル

57加水分解ケラチン(羊毛)

58加水分解シルク

59加水分解コンキオリン

60ユズ果実エキス

61加水分解ヒアルロン酸

62ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

63加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル

64ローヤルゼリーエキス

販売元による宣伝文

髪と地肌のことを考えたノンシリコーン・無添加の洗い流さないトリートメント。 オーガニック植物オイルなど50種もの美髪成分を独自の比率でバランスよく配合することで、サラサラの手触りの実現。 ドライヤー熱に反応して髪を補修する「アミノリペア作用」で、スタイリングのたびにダメージを補修します。
さらに、紫外線・ニオイ・ホコリから大切な髪を守り、傷みにくい髪へと導きます。

    リシリッチ利尻ヘアクリームの関連商品

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。