レコル ノンシリコン プレシャンプーブラック の解析結果

総合順位

843

総合得点 5点満点

2.27
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3411110

レコル ノンシリコン プレシャンプーブラック 解析チャート

レコル ノンシリコン プレシャンプーブラック の解説

頭皮のクレンジング剤



お化粧落としをそのまま頭皮用に仕立て直した、というイメージですね。

当然、頭皮の皮脂やコーティング関係はよく落とせますし、添加成分の恩恵によって頭皮の状態を多少改善させる見込みもあります。





必要?



問題は、通常のシャンプーと別にこの製品を使うメリットがどの程度あるか。

端的に言えば、やたらと汚れや皮脂が過剰な方には恩恵となりますが、通常考えて普通のシャンプーだけで事足りるのでは。

この製品だけでは洗った気がしない(感触として)ですし、この製品+シャンプーでは脱脂が過剰になりそう。

印象としてはよほどコーティングを除去したいとか、明らかに異常な皮脂の分泌があるとか、そういったケース以外に活躍の機会はないかと見ます。

レコル ノンシリコン プレシャンプーブラック の全成分

1

2DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

3ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

お化粧のクレンジング剤として頻出。W洗顔不要タイプの製品に使われるように、水がある環境でもクレンジング効果を発揮し、高い洗浄力を与えます。脱脂するので、肌のアフターケアが必要となります。シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。

4

5ザクロ果実エキス

強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも

6ウンシュウミカン果皮エキス

・ウンシュウミカン果皮エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、血行促進作用、抗アレルギー作用。

7シコンエキス

ムラサキ科のムラサキという多年草木の根から得た成分で、 シコニン、アセチルシコニン、アラントインなどの新陳代謝・抗炎症系成分が含まれている。また、抗菌作用、皮膚細胞賦活作用、育毛効果、血行促進作用を付与する効果的な成分です。

8イチジク樹皮エキス

9スイゼンジノリ多糖体

ヒアルロン酸の5倍の抱水力を持つ。塩を加えると粘度が増しゲル化作用も。水前寺海苔と書き熊本阿蘇地方で人工的に養殖されます。

10紅藻エキス

11アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

12カッコンエキス

葛の根から抽出したエキスで、コラーゲン生成促進作用を持ち、肌の保湿機能を高めます。

13クロレラエキス

細胞の活性を高める効果のあるプランクトン由来のエキスです。

14センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

15オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

16カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

17センチフォリアバラ花エキス

セイヨウバラの花から抽出したエキス。抗炎症・抗酸化・保湿作用などを付与します。さらに、甘いバラの香りを与える他、美白作用も期待。

18ニオイテンジクアオイ油

フクロソウ科ニオイテンジクアオイ、通称ゼラニウムと呼ばれるエッセンシャルオイルです。ミント様の甘くて重めの香りが特徴です。ローズの香り成分と似た組成で、抗うつ作用、抗菌・鎮痛作用などを与えます。

19ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

20オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

21グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

22ピロクトンオラミン

抗真菌作用をはじめ、皮膚糸状菌、酵母、グラム陽性菌・グラム陰性菌など幅広く殺菌・防腐作用を示す。pH6-7に調整する必要があり、逆にいえばピロクトンオラミン配合の製品はこの範囲のpHであることが推察される。ジンクピリチオンなど他の抗真菌剤よりも効果が高い。その殺菌効果の高さゆえ、頭皮・皮膚の常在菌を必要以上に滅してしまうことには注意したい。環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンによる塩である。

23グルコシルへスペリジン

24クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

25クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

26エチドロン酸

27エチドロン酸4Na

28ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

真菌に対し特に効果の高い防腐剤

29ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

30t-ブタノール

31(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー

タウリン系増粘剤で、さっぱり感の仕上がりが特徴。酸性からアルカリ性まで広範囲pHへの安定性を提供する。

32BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

33フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

34エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

販売元による宣伝文

毛穴汚れを吸着、ヨゴレもニオイもすっきり落とすシャンプー前のプレシャンプーです。紀州備長炭配合で、頭皮にベタついたヨゴレやスタイリング剤を落として、 シャンプーの効能と泡立ちをアップします。 ノンシリコン・石油系界面活性剤フリー・無鉱物油・無合成着色料・パラベンフリー・弱酸性。

レコル ノンシリコン プレシャンプーブラック を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。