RAISE SCALP TREATMENT forWomenの解析結果

総合順位

969

総合得点 5点満点

2
成分数エキス系特効ダメ
21000
  • RAISE SCALP TREATMENT forWomenの詳細情報
  • RAISEの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5822
  • [容量] 295ml
  • [参考価格] 3600円
  • [1mlあたり] 約 12.2円

RAISE SCALP TREATMENT forWomen解析チャート

RAISE SCALP TREATMENT forWomenの解説

割に合わぬ品質。

大げさでもなく、そのへんのコンディショナーと大差なしの中身に4000円近く支払うのは納得しづらい。


コンディショナーとしては普通か、少し潤滑性があるな、という程度で、



とてもトリートメントといえるほど違いを残せるクオリティにはない。



良くて1ヶ月分1500円程度の市販トリートメントレベルといったところでしょう。



即効性も持続性もなく、頭皮に優しいでもなく、一体どこにこれだけのコストに見合った要素があるのか定かではない。



RAISE SCALP TREATMENT forWomenの全成分

1グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

2カラメル

3精製水

4香料

香りづけ。

5アミノエチルアミノプロピルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体

6塩化アルキルトリメチルアンモニウム

7トリメチルグリシン

8ステアリン酸ジメチルアミノプロビルアミドヒドロキシエチルセルロース

9乳酸

10ソルビット液

11サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

12フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

13加水分解ケラチン液

主に羊毛ケラチンが用いられる。髪の弾力・コシを与える効果ある。

14大豆たん白加水分解物

15ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

16ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

17グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液

181,2-ヘキサジオール

19BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

20ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル・DL-PCA塩

21グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・2-ヒドロキシ-3-メタクリロイルオキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド共重合体液

販売元による宣伝文

弾力のある泡
頭皮に必要な美容成分配合
髪に優しい洗浄成分配合

RAISE SCALP TREATMENT forWomenの関連商品

RAISE SCALP TREATMENT forWomenを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。