RAIDEN ライデン スカルプコンディショナーの解析結果

総合順位

1053

総合得点 5点満点

1.91
成分数エキス系特効ダメ
411310
  • RAIDEN ライデン スカルプコンディショナーの詳細情報
  • RAIDEN (ライデン)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1284
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 3990円
  • [1mlあたり] 約 9.98円
素材 
2.8
安全性
5.4
コスパ 
1.6
環境 
3
補修力
1.5
潤滑性
1.5
頭皮改善 
3.2
ツヤ 
1.5
持続性
2.5
感触 
1.6

RAIDEN ライデン スカルプコンディショナーの解説

マイルドタイプのコンディショナー。

肌刺激は比較的穏やかで、どちらかと言えば頭皮ケア用のエキスがメインとみられる構成。ただし、

アルギニン誘導体など滑りの良い感触改良成分や、セラキュートの配合もあり決して物足りないことにはならなそう。

総合すると、

頭皮のアンチエイジング作用がなかなか優れる一品のようで、

ある程度期待の持てるスキンコンディショニング効果だといえるレベルです。

ただ、エキスの効果を期待して頭皮に直塗りにするには少々イタダケナイ成分もあることも事実ですので、

頭皮に塗りこんで放置するということはせず、あくまでもトリートメントの延長で頭皮にも多少良い、という商品だと認識すべきでしょう。

RAIDEN ライデン スカルプコンディショナーの全成分

1アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

2グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

31

43ブチレングリコール

5濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6セトステアリルアルコール

7親油型モノステアリン酸グリセリン

8ソルビット液

9ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド

別名ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド。3級カチオン界面活性剤です。肌刺激性が低く、生分解性も4級カチオン界面活性剤に比べ良い素材で、かつ他の3級カチオン界面活性剤に比べまとまり感が得られやすい。

10ゴマ油

11パルミチン酸3-エチルヘキシル

12トリメチルグリシン

13エデト酸二ナトリウム

キレート(金属封鎖)剤です。金属イオンと結合することで製品が変質するのを防ぎます。

141-メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

15センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

16カッコンエキス

葛の根から抽出したエキスで、コラーゲン生成促進作用を持ち、肌の保湿機能を高めます。

17トウキエキス

18カンゾウ抽出末

19クワエキス

20セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。

21シコンエキス

ムラサキ科のムラサキという多年草木の根から得た成分で、 シコニン、アセチルシコニン、アラントインなどの新陳代謝・抗炎症系成分が含まれている。また、抗菌作用、皮膚細胞賦活作用、育毛効果、血行促進作用を付与する効果的な成分です。

22エゾウコギエキス

23ジオウエキス

地黄の根から抽出されたエキスです。漢方でもおなじみですが、化粧品では皮膚細胞賦活作用といって細胞の活性を促進する作用を持ちます。育毛剤でもよく使われます。

24イラクサエキス

25アロエエキス(1)

26コンフリーエキス

ムラサキ科で別名でヒレハリソウとも呼ばれます。成分としてアラントイン、タンニン、ニコチン酸などを含み、創傷治癒、抗炎症作用、収れん作用などを付与します。

27スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

28塩化-N-(2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル)加水分解ケラチン液

29グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバート・メタクリル酸ステアリル共重合体

30N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル

別名ココイルアルギニンエチルPCA 。カチオン界面活性剤で、毛髪保護効果があり、かつカチオン界面活性剤でありながら環境での分解性が優れる素材です。刺激の弱い防腐剤としても使われる。

31DL-ピロリドンカルボン酸

DL-PCA-Na。皮膚の天然保湿因子成分で、角質層内の保湿性を保持する働きがあります。

32N-(3-アルキル(C12-14)オキシ-2-ヒドロキシプロピル)-L-アルギニン塩酸塩液

33ユーカリ液

34ハッカ液

35スペアミント液

36フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

37パラオキシ安息香酸メチル

ビタミンBの一種で、飲む日焼け止めとも呼ばれている成分。皮膚・髪の成長を促進する働きを期待され、白髪・シワ予防効果も。

38d-α-トコフェロール

39精製水

40粘度調整剤

41pH調整剤

販売元による宣伝文

ノンシリコン・石油系界面活性剤フリー・合成着色料フリー・合成香料フリー・低刺激リンス成分を採用し、頭皮への刺激を抑えつつリンス効果を与えます。和漢植物エキスをオリジナルブレンド。頭皮に潤いと栄養を与えます。ボリュームアップ成分グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバート・メタクリル酸ステアリル共重合体成分。太くたくましい髪に導きます。

RAIDEN ライデン スカルプコンディショナーの関連商品

RAIDEN ライデン スカルプコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。