クワトロボタニコ ボタニカル ヘア & スカルプシャンプーの解析結果

総合順位

879

総合得点 5点満点

2.23
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
224410

クワトロボタニコ ボタニカル ヘア & スカルプシャンプー解析チャート

クワトロボタニコ ボタニカル ヘア & スカルプシャンプーの解説

アミノ酸型でありながら優しくない。
ココイルグリシンKという、アミノ酸タイプとしては最もマイルドではない洗浄剤をベース。
アルカリ性を好み、脱脂力が強いという特徴は石けんと似た性格。


そのため、肌にも髪にもあまり向いているとは言えず、マイルドなようでダメージを与える可能性。
ペリセアの配合で刺激性は緩和されますが、オールインワンと謳うには力不足。

クワトロボタニコ ボタニカル ヘア & スカルプシャンプーの全成分

1

2ココイルグリシンK

アミノ酸洗浄剤として知られますが、アミノ酸型の中ではトップレベルの脱脂力と肌刺激性を持つ成分です。石鹸と同様につっぱるような仕上がりとなり、またアルカリ性下で泡立ちや洗浄性が発揮される特徴があるため、強く洗いたい場合に用いられます。逆言えば、ダメージ毛や肌の弱い方には、配合されていることが全く不適切な素材といえます。

3ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

6PPG-2コカミド

コカミドDEAの代替成分として登場。コカミドDEAと比較して増粘性、低温・高温安定性、耐加水分解性に優れる。洗浄剤の補助的なポジション。

7ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

8エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

9レモングラス葉/茎エキス

10チョウジエキス

フトモモ科丁子のエキスで、クローブとも呼ばれます。ガロタンニン、オイゲノール、ベンズアルデヒドなどが主成分で、抗菌・抗炎症・血行促進作用などを付与します。

11オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

12アマモエキス

13レモングラス油

14コショウ果実油

15ユーカリ葉油

16ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

17ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

18BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

19ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

水溶性増粘剤。配合が容易で界面活性剤の刺激を緩和する作用。

20サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

21クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

22フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

【オールインワン】髪を洗いながら、頭皮ケア&ダメージケアをする、トリートメント不要のオールインワンボタニカルシャンプー。【96%天然・植物由来】4種の植物エキスが、フケ・かゆみ、におい・ベタつき、頭皮の乾燥などをケアしてハリのある髪へ。【豊かな泡立ちと優れた洗浄力】頭皮に優しいアミノ酸系でありながら、洗浄能力が高く、豊かな泡でさっぱり洗い落とす。【キシまず、さらっと清潔な髪へ】天然トリートメント成分配合ペリセアが、髪の内側に浸透し、ダメージを補修。【バスルームに広がる香り】天然精油レモングラスにブラックペッパーをアクセントにした香りは、気になる頭皮のにおいも抑える。

クワトロボタニコ ボタニカル ヘア & スカルプシャンプーの関連商品

クワトロボタニコ ボタニカル ヘア & スカルプシャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。