医薬部外品育毛シャンプーZio(ジオ) の解析結果

総合順位

1454

総合得点 5点満点

1.58
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
401600
  • 医薬部外品育毛シャンプーZio(ジオ) の詳細情報
  • ラ・フェイスの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3164
  • [容量] 350ml
  • [参考価格] 5800円
  • [1mlあたり] 約 16.57円
洗浄力
0.4
素材 
0.6
安全性
3.7
コスパ 
1.2
環境 
2.6
補修力
0.9
潤滑性
1.1
頭皮改善 
1.6
ツヤ 
1
持続性
2.2
感触 
0.8
育毛
1.3
洗浄剤
2.3

医薬部外品育毛シャンプーZio(ジオ) の解説

あまり見ないような設計の不思議系シャンプーです。

アミノ酸系石けんをベースに、泡立ちを強化しながら泥成分で汚れを吸着しやすく調整し殺菌しながら消臭させ収れん作用で肌を引き締めながら保湿性を与える・・という忙しい中身になっています。

注目ポイント

基本石鹸ですが、タナクラクレイ、アーチチョーク、カキタンニンなどの整肌成分を配合しているあたりは侮れない。



総評

基本的にさっぱりと洗えて普通の石けんよりはマイルド、肌にやさしいエキス類で整肌作用を与え、余計な真菌類はピロクトンオラミンで殺菌、加齢臭も防ぎましょう、、という内容で構成しています。

バランス的にはまぁまぁ悪くない線でまとまっているかな?というところで、使用感や仕上がりのサッパリ感は及第点の出来といえます。

石けんベースなのでアルカリ性であるのでしょうが、アミノ酸系石けんということでデメリットは充分抑えられているようです。

ただ、そこに殺菌剤、抗菌剤、石けん自体の抗菌作用も勘案していくと、なかなかにして頭皮には影響力が少なくないシャンプーであると言えます。

つまり、何らかの頭皮トラブル(脂漏性皮膚炎など)がある、または兆候があるという方にはよいですが、そうでない場合は余計な殺菌作用が頭皮の状況を悪化させる可能性が充分にあるという懸念。



ということで、ある程度使う人は選ぶ製品だと見ていいと思います。

医薬部外品育毛シャンプーZio(ジオ) の全成分

1ピロクトンオラミン

抗真菌作用をはじめ、皮膚糸状菌、酵母、グラム陽性菌・グラム陰性菌など幅広く殺菌・防腐作用を示す。pH6-7に調整する必要があり、逆にいえばピロクトンオラミン配合の製品はこの範囲のpHであることが推察される。ジンクピリチオンなど他の抗真菌剤よりも効果が高い。その殺菌効果の高さゆえ、頭皮・皮膚の常在菌を必要以上に滅してしまうことには注意したい。環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンによる塩である。

2グリチルリチン酸ジカリウム主成分)センブリエキス

3茶エキス

4ビワ葉エキス

殺菌・鎮痛・抗炎症作用を付与する。皮膚の修復作用を期待。また、血流促進作用、抗男性ホルモン作用、髪の成長サイクルを正常化させる作用などがあることがわかっており、育毛効果に期待がかかる。

5柿タンニン

6海藻エキスヘアースクラブ【成分】水

7BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

8ミリストイルグルタミン酸K

9PEG-400

10ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

11エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

12ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

13アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

14グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

15センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

16オタネニンジンン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

17アーチチョーク葉エキス

有効成分シナロピクリンには、肌荒れを防いだり、肌と毛穴を引き締め、毛穴の黒ずみを目立たなくし、乱れた毛穴にハリと弾力を与えます。遺伝子レベルで効果を発揮。毛穴トラブルの原因となるNF-kBの過剰な働きを抑制してくれます。

18PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

19乳酸Na

20アルギニン

21アスパラギン酸

22PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

23グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

24アラニン

25セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

26パリン

27イソロイシン

28トレオニン

29プロリン

30ヒスチジン

31フェニルアラニン

32マルチトール

33紅茶エキス

34(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

水に素早く分散するアクリル酸系の増粘剤。製品中では、乳化安定、親水性増粘などの目的で配合されます。耐塩性にも優れ、水に混ぜるだけで膨潤。透明処方にも適します。

35ステアリン酸

36ラウリン酸

炭素数12の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はドデカン酸。ヤシ油、ココナッツ油由来といえばこのラウリン酸を想像すると最も的確。

37タナクラクレイ

備長炭の数十倍の多孔質を持つ海泥です。福島県棚倉町の地層から採取される泥であり、かつて海中にいた貝やプランクトンなどが堆積し、光合成などを繰り返し分解・再合成を経てミネラルを高含有する海泥となった素材です。非常に高い清浄効果や整肌作用を示します。

38アンズ核

39フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

40エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

販売元による宣伝文

シリコン不使用パラベン不使用香料不使用無着色さらに天然成分にこだわり育毛成分を配合した医薬部外品シャンプーです。シリコン不使用パラベン不使用香料不使用無着色

医薬部外品育毛シャンプーZio(ジオ) の関連商品

医薬部外品育毛シャンプーZio(ジオ) を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。