ピュアダム ヘアパック ハニーの解析結果

総合順位

882

総合得点 5点満点

2.01
成分数エキス系特効ダメ
22200
  • ピュアダム ヘアパック ハニーの詳細情報
  • 大鹿通商の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1265
  • [容量] 20ml
  • [参考価格] 190円
  • [1mlあたり] 約 9.5円
素材 
1.7
安全性
3.4
コスパ 
1.6
環境 
2.8
補修力
2.2
潤滑性
2.5
頭皮改善 
1.5
ツヤ 
2.4
持続性
2.5
感触 
3.9

ピュアダム ヘアパック ハニーの解説

油分補給のみの質素なリンス。

はちみつやシアバター、オリーブオイルのわずかな配合に期待がかかる作品ですが、

ちょっとヘアパックと呼ぶには貧相すぎる印象。

ピュアダム ヘアパック ハニーの全成分

1

2セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

3セテアリルアルコール

4PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

5シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

6ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

7ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

8グレープフルーツ果実エキス

9オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

10アーモンド油

オレイン酸リッチなトリグリセライド。エモリエント効果。

11ハチミツエキス

12酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

13シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

14パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

15ヒドロキシエチルセルロース

16ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

17EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

18クロルフェネンシン

19フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

20橙205

21赤504

22香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

シャンプー後、濃密パックで集中補修するトリートメント(インバスタイプ)です。ハチミツエキス、グレープフルーツ果実エキス、オリーブ油、シア油、アーモンド油、パンテノール配合。プレミアタッチのつやぴか髪に整えます。パーマ、カラー、ブリーチ、ドライヤー等で傷んだ髪用。

ピュアダム ヘアパック ハニーの関連商品

ピュアダム ヘアパック ハニーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。