プエラルボ スキンウォッシュ の解析結果

総合順位
70
総合得点 5点満点
1.31
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
51000

プエラルボ スキンウォッシュ の詳細情報

[製造販売元] シルク・ハット

[商品ID] 4887
[容量]200ml
[参考価格]4800円
[1mlあたり] 約24
洗浄力
5.2

素材 

0.4

安全性
2.3
コスパ 
2
環境 
3

ツヤ 

1.8

感触 

0.9

アンチエイジング
2.2
美白
3

洗浄剤

1.1

プエラルボ スキンウォッシュ の解説

電解還元性イオン水っていわばアルカリ性の水ということです。



何やら電解水凄い!って言いたい雰囲気が丸出しな製品ですが、単純にアルカリの水であり、スーパーなどでも電解還元水はペットボトル売られているくらい珍しいものではありません。

要は、アルカリ性のおかげで余計なものを入れなくても洗顔できちゃう、という趣旨なのだと認識しています。



アルカリ自体が問題



ところが、アルカリ電解水だけに留まらず、ココイルグリシンKという強い洗浄力・刺激性を伴う成分を配合しているあたりが残念。

結局、石鹸で顔洗うのとほとんど変わらないようなことになっています。

石鹸カスが出ないだけまだマシですが・・

もうほとんど石鹸の洗顔料と同じと考えていいです。

なので、この値段を支払ってまで使う必要はないと言えますし、肌にとっては無駄に負担の多い製品となるでしょう。

プエラルボ スキンウォッシュ の全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3ココイルグリシンK

アミノ酸洗浄剤として知られますが、アミノ酸型の中ではトップレベルの脱脂力と肌刺激性を持つ成分です。石鹸と同様につっぱるような仕上がりとなり、またアルカリ性下で泡立ちや洗浄性が発揮される特徴があるため、強く洗いたい場合に用いられます。逆言えば、ダメージ毛や肌の弱い方には、配合されていることが全く不適切な素材といえます。

4ローズ水

5アルギニン

メーカーの紹介文

電解還元性イオン水の3メソッドを追求した洗顔料です。『あらう+うるおす+ととのえる』肌に負担をかけず、肌本来の美しさを引き出します。

プエラルボ スキンウォッシュ の関連商品

プエラルボ スキンウォッシュ を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。