プロピア プログノ 136トリートメントパックの解析結果

総合順位

247

総合得点 5点満点

2.71
成分数エキス系特効ダメ
34720
  • プロピア プログノ 136トリートメントパックの詳細情報
  • プロピアの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1249
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 3990円
  • [1mlあたり] 約 19.95円

プロピア プログノ 136トリートメントパック解析チャート

プロピア プログノ 136トリートメントパックの解説

プロピアと言えば育毛、と連想すると思いますが、

このトリートメントに関しては決して育毛トリートメントというわけではないです。

説明にあるように、髪を美しくする、まさにトリートメントとしてのトリートメントです。

内容ですが、

ダイマージリノール酸〜、オリーブ油、コラーゲンなど、油分補給などで保湿効果。

ヒキオコシ、ジオウなど、育毛系エキスも配合されてますが、

頭皮に塗りつけることを推奨できない構成ですので、これは気休め。

パンテノール、ヒマワリロウ、ヘマトコッカス、スフィンゴミエリンなど、

髪のツヤやバリア機能に関する成分が配合。

コメ胚芽油、コムギ、ペリセアも配合。

わりとトリートメントとしては、意外と言っては失礼ですが本気を感じます。

立派に機能するトリートメントとして店頭を飾っていても遜色ないです。

ただし、やはり育毛系メーカーというプライドというか看板が邪魔して、

髪に固執し切れていない面がどうしても見られます。

どの角度から見ても、5つ星にするには物足りない構成です。

性能が、もう一歩一流品に比べると劣ります。

値段的にも、もう一枚上の処方ができたのでは?と思えます。

それでも、トリートメントの中でもわりといい方ではありますよ。

プロピア プログノ 136トリートメントパックの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)

植物由来成分のみで作られたエステルオイルで、自然な艶感やエモリエント作用を付与します。また、肌への密着性に優れるペースト状の油剤であることから、トリートメントのみならずマスカラやリップなどにも用いられます。

7オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

8BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

9ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

10加水分解コラーゲン

11ボタンエキス

ボタン科の牡丹の根から抽出。ぺオノール、ペオノリット、ペオノサイト、アラントインを含有し、消炎・血行促進作用・アンチエイジング作用を付与する。

12ヒキオコシエキス

13フユボダイジュ花エキス

シナノキ科シナノキの葉や花から得たエキスです。シナノキエキス、とも呼ばれます。タンニン、フラボノイドを含有し、抗菌・抗炎症・血行促進作用、収れん作用を付与。

14ステアリン酸グリセリル

15パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

16センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

17ジオウエキス

地黄の根から抽出されたエキスです。漢方でもおなじみですが、化粧品では皮膚細胞賦活作用といって細胞の活性を促進する作用を持ちます。育毛剤でもよく使われます。

18褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

19ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

20ヒマワリ種子ロウ

21パーム油

22ヘマトコッカスプルビアリス油

アスタキサンチンを含有する藻から得たエキスです。。アスタキサンチンはβ-カロテンの40倍以上の抗酸化力を持つカロテノイドの一種です。活性酸素を強力に除去して体が酸化するのを抑止する働きがあります。

23コメ胚芽油

ポリフェノールの一種γ-オリザノールやリノール酸リッチなコメの胚芽オイルです。アンチエイジング、美白効果やリッチな感触が特徴 。

24スフィンゴミエリン(リポソーム)

25ステビア発酵エキス

26ラミナリアオクロロイカエキス

ラミナリアオクロロイカとは、フランスはブルターニュ地方にあるブレア諸島に生息する黄金海草のことで、この海草から抽出したエキスです。アミノ酸・ミネラルを多く含む、新陳代謝を促進する効果を付与。

27トリ(カプリル

28カプリン酸)グリセリル

29ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

30ポリアミノプロピルピグアニド

31(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー

32加水分解コムギタンパク

33加水分解コムギデンプン

34香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

植物エキス(天然保湿成分)とプロテイン(保湿保護成分)のコンビネーションにより、べたつかずサラサラの美しい髪をキープするアミノトリートメントですジオウエキスを配合。

プロピア プログノ 136トリートメントパックの関連商品

プロピア プログノ 136トリートメントパックを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。