プロエディットケアワークスカールフィット の解析結果

総合順位

536

総合得点 5点満点

2.7
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
174100
  • プロエディットケアワークスカールフィット の詳細情報
  • ルベルの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2026
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 1944円
  • [1mlあたり] 約 6.48円
洗浄力
2.1
素材 
2.7
安全性
4.5
コスパ 
3.3
環境 
3.9
補修力
2.5
潤滑性
2.4
頭皮改善 
2.4
ツヤ 
1.9
持続性
2.3
感触 
2.9
育毛
1.7
洗浄剤
2.6

プロエディットケアワークスカールフィット の解説

ごくシンプルな作りながら、質の良さを存分に感じられる作りとなっています。



個性は強くありませんが、洗浄剤の質の良さは試す価値ありな一線級。



わりと洗浄力がありながら、コンディショニング効果に優れ、かつ粘膜刺激性が低く使い勝手の良さがとても良さそうですね。





この洗浄剤だけでも、一度使ってみると違いがわかる大人になれそうなクオリティです。 

その他にはあまり見どころがありませんが、シンプルに洗うために使うのも悪くありません。

プロエディットケアワークスカールフィット の全成分

1

2ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

3ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

4ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

5コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

6ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

7フィチン酸

8トルメンチラエキス

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10ポリクオタニウム-47

毛髪の摩擦を減らす効果があります。グアーガムやカチオン化セルロースに比べ2倍近く摩擦を減らす性能があります。

11BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

12香料

香りづけ。

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15エチドロン酸

16安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

17メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

販売元による宣伝文

ウェーブヘアに   〜 脂質、水分など必要な成分をキープしながら    心地よく洗浄するシャンプー  〜    プロエディット シャンプー カールフィットは、 軽やかでやわらかな洗い上がり です! 

プロエディットケアワークスカールフィット の関連商品

プロエディットケアワークスカールフィット を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。