プレリアップ ヘアコンディショナーの解析結果

総合順位

1128

総合得点 5点満点

1.91
成分数エキス系特効ダメ
20100
  • プレリアップ ヘアコンディショナーの詳細情報
  • 大正製薬の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1228
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 1890円
  • [1mlあたり] 約 4.73円

プレリアップ ヘアコンディショナー解析チャート

プレリアップ ヘアコンディショナーの解説

ホホバ、シリコーンを中心としたリンス剤ですが、殺菌剤も配合。

真菌殺菌剤のピロクトンオラミンですが、何でもこの成分を入れさえすれば育毛系という風潮はよろしくないと思う今日この頃です。

(そもそもピロクトンオラミンを必要とする脂漏性皮膚炎のような症状の方がどれだけいるのか。)

内容的にはシリコーンやエステル油といったさらさら感を付与するライトなリンス剤で、2000円近い値付けをするような要素はどこにも見当たらないわけですが、

正直この程度のリンスならわざわざセットで使う必要全くなし。

そこらへんの安っぽい大手のリンス剤を適当に買ってきた方が効果が上、なんてことになりかねません。

特に、育毛目当てで揃えようと思っているなら尚更、この製品自体には育毛的要素が0なので、あえて買うような必要性が本当にないんです。

メーカーとしては、セットで買って頂けたらとても嬉しいでしょうが・・

プレリアップ ヘアコンディショナーの全成分

1有効成分,ピロクトンオラミンその他の成分,BG

2DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

3POE,POPステアリルエーテル

4POE硬化ヒマシ油

低刺激で安全性の高い非イオン界面活性剤です。乳化・可溶化を目的に配合されます。

5カラメル

6ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

7ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

8セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

9セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

10ナフタレンスルホン酸ナトリウム

11パラベン

12ヒドロキシエチルセルロース

13ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

14メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

15塩化オクタデシロキシプロピルトリメチルアンモニウム

ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドのこと。4級カチオン界面活性剤の中でも乾燥後、持続性を持つコンディショニング効果が特徴です。

16海藻エキス-1

17高重合ジメチコン-1

18無水クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

19

20香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

プレリアップヘアコンディショナーは、ボリュームアップ成分(ナフタレンスルホン酸ナトリウム)を配合。くし通り良く、ふんわり仕上がり、髪にハリとコシを与えます。有効成分ピロクトンオラミンがフケ・かゆみを防ぎます。保湿剤のホホバオイル・海藻エキスを配合。髪にうるおいをあたえ、パサつかない、なめらかな髪を保ちます。メントール配合で、すすいだ後も心地よい爽快感が持続します。ほのかなシトラスミントの香りです。

プレリアップ ヘアコンディショナーの関連商品

プレリアップ ヘアコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。