たっぷり極濃!コラーゲンゲルクリームの解析結果

総合順位

6

総合得点 5点満点

3.64

楽天でたっぷり極濃!コラーゲンゲルクリームを買う
成分数エキス系特効ダメ
441150
  • たっぷり極濃!コラーゲンゲルクリームの詳細情報
  • 株式会社クルードの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6657
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 1490円
  • [1mlあたり] 約 14.9円

たっぷり極濃!コラーゲンゲルクリーム解析チャート

たっぷり極濃!コラーゲンゲルクリームの解説

保湿・抗酸化の集中ケア

多種の保湿成分・抗酸化成分をずらり並べた美容ゲル



中の上くらいの実力ながら、肌に優しく安心感あり。

豪華に有効成分を並べた感のある美容クリームですが、よくよく見ると植物エキスが中心となっていて、成分数もやや多く、

即効性や持続性抜群とはいかないものの、それなりにエイジングケア能が期待される一品です。



ドモホルンリンクル的なエキスやゴールデンコラゲニンといった素材も含まれ、抗酸化や抗糖化、高い保湿効果に肌の弾力付与などの効果を薄く広く伸ばす製品といえるでしょう。



ものすごい濃いエキス、効能を効かせるという印象ではないので、繰り返し毎日使っていってじわじわと効かせる、予防するという狙いのでしょう。

前述の通り有効性が期待される成分が多く散見されますが、実際にどれほど配合量があるのか今ひとつ怪しい印象も無きにしもあらず。

最悪、保湿クリーム程度の活躍に終わる可能性もありますね。

保湿性能だけはある程度体感できると思います。

それ以上の、エイジングケア効果がどこまで効いてくれるか。1400円の製品に多くを求めるのは難しいかもしれませんが・・・。

たっぷり極濃!コラーゲンゲルクリームの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4コメヌカ油

5プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

6ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

7水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

8加水分解コラーゲン

9アテロコラーゲン

10サクシノイルアテロコラーゲン

コラーゲンの末端にあるアレルギー成分を除去し、コハク酸を結合させて中性域での溶解性を高めた物質。肌に張り付くような感触で保湿効果を付与。

11ナットウガム

12スイゼンジノリ多糖体

ヒアルロン酸の5倍の抱水力を持つ。塩を加えると粘度が増しゲル化作用も。水前寺海苔と書き熊本阿蘇地方で人工的に養殖されます。

13サツマイモ根粕エキス

ドモホルンリンクルの主要成分としても使われているという、さつまいもの根発酵粕エキスです。保湿やスキンコンディショニング効果のほか、抗糖化作用があると言われエイジングケア目的で配合されます。

14アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

15黒砂糖エキス

16ヤエヤマアオキ果汁

17オキナワモズクエキス

昆布やわかめに特有の多糖体フコイダンを含有。フコイダンはフコース(糖)に硫酸塩やウロン酸が結合した多糖体であり、高い保湿作用、抗酸化・抗炎症・抗腫瘍作用などがあると言われています。

18ゲットウ葉エキス

ショウガ科月桃の葉から得たエキスです。コラーゲン合成促進、線維芽細胞増殖促進作用などを示します。

19アセチルヘプタペプチド-9

アセチルヘプタペプチド-9とコロイド性金でゴールデンコラゲニンという原料です。合成ペプチドを金粒子に結合させたもの。 ナノサイズ(nm)の金粒子にペプチドを結合させることで目的部位へ高濃度でペプチド成分を届け、ペプチドの皮膚の酵素による切断・分解からの保護、作用部位への選択性、活性が改善。

20コロイド性金

アセチルヘプタペプチド-9とゴールデンコラゲニンという原料を構成します。

21水溶性プロテオグリカン

鮭の鼻軟骨から得られるタンパク質と糖からなる保湿成分で、ヒアルロン酸やコラーゲンなどと類似した保湿作用や、EGFと呼ばれる皮膚代謝促進作用も付与されます。

22ヒメフウロエキス

・ヒメフウロエキスは保湿、コラーゲン保護、抗炎症、抗シワ、皮膚弾力改善作用などを与えるプリンセスケアと呼ばれるエキス。

23ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

24アーチチョーク葉エキス

有効成分シナロピクリンには、肌荒れを防いだり、肌と毛穴を引き締め、毛穴の黒ずみを目立たなくし、乱れた毛穴にハリと弾力を与えます。遺伝子レベルで効果を発揮。毛穴トラブルの原因となるNF-kBの過剰な働きを抑制してくれます。

25加水分解卵殻膜

鳥類の卵の内側にある薄い膜を加水分解し粉末状にしたものです。肌で3型コラーゲンの生成を促進し、シスチンを含む18種類あのアミノ酸を含有。肌にハリを持たせる効果を付与する。

26アスコルビルグルコシド

27チューベロース多糖体

月下香という植物の白い花びらから抽出された水溶性多糖。皮膚表面を滑らかに調整する他、気温変化などで変質しにくい安定した保湿素材です。

28シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲから抽出した高分子多糖体。べたつきのない高級感のある柔軟な皮膜を形成し、洗浄系に配合することできめ細かく弾力の高い泡を形成します。

29(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー

セラキュートというセラミド模倣構造をカチオン化し、ハリ・コシ作用が優れたアンチエイジングポリマー。セラミドと同様の効果の他、高分子素材であることで肌への親和性、塗布後乾燥時にセラキュート同士の親和性により被膜形成。柔軟性のある弾力ポリマー構造により、肌のハリ、弾力を改善。毛髪では髪の弾力を付与。

30シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

両親媒性型のエステル油で、水溶性有効成分の浸透促進効果、スピーディーなクレンジング効果、べたつきが少なく、軽い感触に仕上げる作用があります。

31(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10

任意の濃度で水にクリアに溶解しながら、水分蒸散抑制やバリア効果や使用感向上等の加脂肪剤の効果を付与することができる。べたつき感を抑制できる。

32ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

33スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

34ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

35パルミチン酸グリセリル

36グリコシルトレハロース

とうもろこし由来のトレハロースとグルコースによる保湿成分。非常に高い保湿力と、細胞を保護する働きがあります。

37加水分解水添デンプン

38ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

39キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

40カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

41(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

水に素早く分散するアクリル酸系の増粘剤。製品中では、乳化安定、親水性増粘などの目的で配合されます。耐塩性にも優れ、水に混ぜるだけで膨潤。透明処方にも適します。

42水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

43エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

44フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

9種のコラーゲンを約2倍(たっぷりぷるぷる!コラーゲンゲルクリームと比較)配合したオールインワンゲルクリーム。お肌のすみずみまでうるおし、ハリと弾力のあるお肌へと導きます。
洗顔後はこれ1つでOK!化粧水・美容液・乳液・化粧下地(朝)・美容クリーム・美容パック(夜)の1品6役。
熊本県産の絶滅危惧種にも指定されている、スイゼンジノリ(サクラン)を配合。非常に高い保水力を誇り、なんとヒアルロン酸Na*の約10倍!(塩水での比較) *メーカー従来使用成分
合成香料・合成着色料・鉱物油・パラベンを使用していません。

たっぷり極濃!コラーゲンゲルクリームの関連商品


楽天でたっぷり極濃!コラーゲンゲルクリームを買う

たっぷり極濃!コラーゲンゲルクリームを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。