P・Fリアクター の解析結果

総合順位
1141
総合得点 5点満点
1.86
成分数エキス系特効ダメ
6000

P・Fリアクター の詳細情報

[製造販売元] ハニエル

[商品ID] 3454
[容量]350ml
[参考価格]4725円
[1mlあたり] 約13.5

素材 

1.8

安全性
3.7

コスパ 

1.3

環境 
2.8
補修力
2.7
ツヤ 
2.2
感触 
2.1

P・Fリアクター の解説

ミョウバン、ただそれだけに役割を背負わせたスキャルプローション。

荷が重いとはこのことで、いくらなんでも焼明礬に「機能低下した頭皮と髪トラブル」を全部直せというのは無理があるというもの。

一般的な解釈でこの製品の効能を判断するなら、単なる制汗剤程度とみるべきでしょう。

あとは臭いを押さえるという効果もあり。

しかしながら、おそらく期待されるであろう育毛効果、アンチエイジング効果という領域には全く踏み入れるものではありません。

制汗剤を頭にかけても髪が増えたり、ボリュームアップするわけではないのと同じです。

そういった観点から、やや手を出しにくい値段も考慮にいれると、ほとんどオススメする理由を見つけられないという結論で不思議ではないと思います。

P・Fリアクター の全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

5硫酸(Al/K)ヒアルロン酸Na

6メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

メーカーの紹介文

老化により機能低下した頭皮と髪のトラブルに!割れたつむじもふっくらと若返ります。

P・Fリアクター の関連商品

P・Fリアクター を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。