PC アルガケア・プロ コンディショナーの解析結果

総合順位

271

総合得点 5点満点

2.69
成分数エキス系特効ダメ
31910

PC アルガケア・プロ コンディショナー解析チャート

PC アルガケア・プロ コンディショナーの解説

平凡だが見どころも。

概ね一般的なコンディショナーですが



わずかに持続性を伸ばす素材も

特別なにか驚きがあるわけではないが



よくある大容量のコンディショナーと大きな違いはありません。

主要な役割は油分補給とちょっとしたダメージ補修で、軽く指通りを改善する程度のものです。

肌に優しいわけでもなく、エキス類があまり活躍する場がないのも他のコンディショナーと似た作りですね。



1つ違いがあるとすれば、キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドです。

人工皮膚素材であるキトサンのカチオン化誘導体で、一般的な補修効果よりも優れた感触、抗菌性などを付与します。

あまり配合量が多くないのであまりそのクオリティを体感することはできないかもしれませんが、

わずかでも「プロ」という部分を感じさせる要素であるといえるでしょう。



総じて影響力は大きくないコンディショナーで、ダメージが大きい場合はより強い効果のあるものを求めるべきでしょう。

ライトなダメージでシャンプーのおまけ程度のコンディショニング効果で良い、という場合は相性が合うかもしれません。

PC アルガケア・プロ コンディショナー




PC アルガケア・プロ コンディショナーの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

4ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

5アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

6シラカバ樹皮エキス

抗炎症・活性酸素除去・血行促進作用・抗菌作用を与えます。

7ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

8ツバキ種子油

・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。

9ブドウ種子油

リノール酸リッチなトリグリセライド。リッチな感触のエモリエント効果。

10加水分解コラーゲン

11加水分解コメタンパク

・加水分解コメタンパクは細胞の再生を促進。

12加水分解ダイズタンパク

13キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

キトサンのカチオン化誘導体。人工皮膚素材であるキトサンがダメージ部に選択的に吸着し、コーティング・制菌作用・ナチュラルな感触を付与するという有り難い素材です。質の向上に大きく寄与するでしょう。

14ワイルドタイムエキス

シソ科タチジャコウソウの地上部から水、 エタノール、グリコール類などによって抽出されて得られたエキス。精油、サポニン類を含んでいます。また、ワイルドタイムエキスは、植物エキスの中でも最高峰のフィラグリン産生促効果をもっています。フィラグリンとは、天然保湿因子(NMF)の元になるタンパク質です。 皮膚中に含まれるフィラグリンを増やすことは、お肌に天然保湿因子を自力生産させ、肌本来の潤いを取り戻すことにつながると考えられています。

15オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

16マヨラナ葉エキス

マジョラムとも呼ばれます。シソ科、ハナハッカ、マージョラムなどの別名も。ヒアルロン酸の産生を促進する効果があり、肌シワの軽減を期待。

17アロエべラ葉エキス

アロエベラの葉から抽出。200種類以上の有効成分が含み、美白効果、肌の潤いを保つ働きや火傷などの傷を治癒する効果 、肌を引き締めるなどの効果がある。

18カッコンエキス

葛の根から抽出したエキスで、コラーゲン生成促進作用を持ち、肌の保湿機能を高めます。

19クロレラエキス

細胞の活性を高める効果のあるプランクトン由来のエキスです。

20オリーブ果実油

21サフラワー油

22カニナバラ果実油

ローズヒップ油と呼ばれます。ビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用で美白・抗炎症作用などを付与します。

23ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

24ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。

25セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

26ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

27ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

28BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

29イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

30香料

香りづけ。

31フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

PC アルガケア・プロ コンディショナーは、5種類のオーガニックオイルを配合した髪に深部までうるおいを与えるコンディショナーです。さらりとしたうるおい感が持続します。

みずみずしい髪へ導く5種類のオーガニックオイル
保湿力と修復力の強いアルガンオイルをはじめ、保湿にうれしいホホバオイル、ビタミンの豊富なオリーブオイルや保護作用のあるローズヒップオイル、ローズマリーオイルを配合しています。5種類ともオーガニックの化粧用オイル成分です。

髪ツヤ植物成分を14種類配合
髪の水分を維持するツバキ種子をはじめ、白樺樹皮エキスやアロエべラなど14種類の保湿成分を配合し、洗い上がりをしっとりと落ち着いた髪に仕上げます。乾かした後もパサつきにくい髪質が維持できます。

髪の内側までしっかり補修
5種類のオーガニックオイルと14種類の保湿成分が内側まで浸透し、傷んだ髪を補修してくれます。水分の蒸発を防ぎ、ダメージに負けない保湿力を維持します。

    PC アルガケア・プロ コンディショナーの関連商品


楽天でPC アルガケア・プロ コンディショナーを買う

PC アルガケア・プロ コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。