パンテーンミー ミセラーボリューム シャンプーの解析結果

パンテーンミー ミセラーボリューム シャンプー

総合順位

2312

総合得点 5点満点

0.13
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
225111
  • パンテーンミー ミセラーボリューム シャンプーの詳細情報
  • P&Gの関連商品
  • [JANコード] 4902430885713
  • [商品ID] 7423
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 892円
  • [1mlあたり] 約 1.78円
パンテーンミー ミセラーボリューム シャンプー解析チャート

パンテーンミー ミセラーボリューム シャンプーの解説

かなりひどいクオリティであることは明らか

ボリュームどころか、髪自体が壊れそう。

シンプルに洗浄力が強く、しかも浸透性が高い肌荒れ・ダメージ必至のシャンプーです。

ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムという強烈なツートップで根こそぎ洗浄されてしまう内容で、理想には程遠いクオリティですね。

ボリュームアップは無理

髪のボリュームが増えると言うと、髪にハリ・コシが生まれ、ダメージが補修され、髪がしっかりするイメージがあると思います。

しかし、このシャンプーは逆で、ラウリル硫酸ナトリウムという浸透力抜群の洗浄剤が髪からハリを奪っていくような結果になるでしょう。

ある意味でバサバサになることでボリュームが出たような気になる仕上がりになる可能性もあります。

ただそれは、本質的にボリュームアップしたということではないのは言うまでもないですね。

日本製のシャンプーではもうほとんど見ることのない、ラウリル硫酸ナトリウムベースのシャンプーということで、かつて実際にあったように、肌荒れを多発させるという事態にならないように気をつけたいところ。

また、髪にダメージがあったり、カラーリングをしていたりする場合はこれほど相性の悪いシャンプーもなかなかないので、より髪に影響の少ないシャンプーを選ばれた方が賢明でしょう。

ノンシリコンだが、シリコン的な成分配合

ノンシリコンを売りにしているシャンプーですが、リノールアミドプロピルPGジモニウムクロリドリン酸という成分の配合により、あたかもシリコンを配合しているかのような仕上がりを期待できます。

そういう意味では、素直にシリコンを入れたほうがより低刺激なような気もしますが。

このリノールアミドプロピルPGジモニウムクロリドリン酸はダメージ部分に吸着してコーティング硬化を形成する機能的な成分になります。

そのため、悪い洗浄剤がベースであるということをあまり感じなくさせる効果があると言えるでしょう。

ラウリル硫酸ナトリウム自体のデメリットがなくなるわけではなく、あくまでも感触が良くなるだけですので、そこは勘違いしないようにしたいですね。

石鹸に匹敵するダメっぷりが特徴のラウリル硫酸ナトリウムベースシャンプーで、かつデメリットを解消するような成分が乏しく、非常に肌に悪影響が降りかかるレベルが高い内容です。

髪や頭皮を痛めつけたくない方は、とにかく使わないに限るシャンプーです。

市販の中でも相当に負担の重い(そしてメリットの少ない)シャンプーの一つといえるので、大いに気をつけるべきでしょう。

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
ユーカリのベビーリーフから抽出したエキス。抗菌作用、美白作用、育毛作用、抗炎症作用、角質細胞賦活作用などが期待できます。
ユーカリ葉エキス
カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。
ラウリル硫酸Na

洗浄力と浸透性が危険レベル

販売元による宣伝文

ボリューム:根元からふんわり エアリーヘアつづく。
「ミセラー粒子」配合、ノンシリコンシャンプー