オロビアンコ薬用コンディショナーの解析結果

総合順位

1588

総合得点 5点満点

1.65
成分数エキス系特効ダメ
29500
  • オロビアンコ薬用コンディショナーの詳細情報
  • ドウシシャの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1157
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 2625円
  • [1mlあたり] 約 5.25円

オロビアンコ薬用コンディショナー解析チャート

オロビアンコ薬用コンディショナーの解説

殺菌リンス。必要?

元々、リンスの柔軟剤成分カチオン界面活性剤は殺菌作用を持ちますが、トリクロサンという曰くつきの殺菌剤まで投入しているのがこのリンス。

何がしたのかほとんど理解できないような刺激性リンス剤であり、オススメのオの字も与えられない程度の駄作以下です。

論評するのも無駄なほど話の種にもならない一品。

極めて肌に刺激性が強く(殺菌剤だけでなくその他の成分も)、オススメのしようがない最低点の一品です。

まさに無用の長物。

オロビアンコ薬用コンディショナーの全成分

1トリクロ酸

2精製水

3ジプロピレングリコール

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4パルミチン酸2-エチルヘキシル

5塩化アルキルトリメチルアンモニウム

6セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

7イチョウエキス

ケルセチン、ケンフェロール、プロアントシアニジンが主成分で、血行促進・創傷治癒効果を付与。

8海藻エキス

9ゲンチアナエキス

10クロレラエキス

細胞の活性を高める効果のあるプランクトン由来のエキスです。

11大豆たん白加水分解物

12オウレンエキス

キンポウゲ科オウレンの根茎から得たエキスです。美白・抗酸化・抗菌・抗炎症などスキンケア能を持ちます。

13ミツロウ

14β-グリチルレチン酸

15ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

16ゲラニオール変性アルコール

17塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース

18モノイソステアリン酸ポリグリセリル

19ヒドロキシエチルセルロース

20l-メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

211

223-ブチレングリコール

23無水エタノール

無水エタノールとは、エタノールを99.5vol%以上含有するということです。消毒用エタノールは76.9~81.4vol%含有。

24エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

25常水

26ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

27香料

香りづけ。

28塩化ステアリルトリメチルアンモニウム

ステアルトリモニウムクロリド。4級カチオン界面活性剤で、髪のダメージ部に選択的に吸着し、ダメージ部の親水性を疎水性に変化させながらダメージの防止する役割があり、シリコンオイルなどコーティング成分が乗りやすい状況を作る役割。ただ、肌に対しては洗浄剤などよりもタンパク変性作用が強く、毒性といってもいいような悪影響があるため頭皮などにつけるべきではない。

29パラオキシ安息香酸エステル

販売元による宣伝文

髪のコンディションを整え、質感をよく見せるダンディーな仕上がり。柔らか髪にハリ・コシ与え、ふんわりボリューム感じる、しなやかな髪に。

オロビアンコ薬用コンディショナーの関連商品

オロビアンコ薬用コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。