一点コスメ ファイナルホワイト の解析結果

総合順位

総合得点 5点満点

成分数エキス系特効ダメ

一点コスメ ファイナルホワイト 解析チャート

一点コスメ ファイナルホワイト の解説

これはガチで美白を狙ってます。



美白成分の数々も見事ですが、浸透性のコントロールが優れており、DDSいわゆるドラッグデリバリーシステムがしっかり機能するため、肌の内側から潤いに満ちた輝く肌、というのは嘘ではありません。

油溶性ビタミンC、ビタミンAをはじめ、アルブチン、酵母、アーチチョークなど、肌の代謝を助け、かつシミを抑制し、肌の内部で持続的に美白効果を発揮し続ける、並の化粧品にはできない芸当です。



値段を見ても、割安にすら感じるほどの贅沢な作りとも言えますので、これは使って損はない美白剤だといえます。

ベースにエルデュウ、スクワランといった保湿効果の高い成分を据え、マンダリンオレンジ、セラミド、水溶性コラーゲン、コンドロイチン硫酸、スフィンゴモナス、マカデミアナッツなどなど、美容液としても大変すぐれたアンチエイジング効果を期待できるあたり、

この製品の凄みを感じざるを得ません。



美白効果がメインの優れた美容液として、ぜひ有効活用したい製品の1つといえます。

一点コスメ ファイナルホワイト の全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

6ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

7イソステアリン酸ヘキシルデシル

8ビスグリセリルアスコルビン酸

持続型抗酸化成分です。ビタミンCの誘導体で、徐々に肌に浸透しながらビタミンCの抗酸化効果をもたらします。

9テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC。皮膚への浸透性が高く、48時間以上持続する抗酸化作用を付与。

10ビサボロール

・ビサボロールはカミツレの花の精油のいち成分。抗炎症作用、穏やかな抗菌作用を示す。

11アルブチン

12プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

13加水分解酵母

・細胞活性化を期待の酵母・ビフィズス菌エキスの添加も見られます。
これは少し入ってると嬉しい部類。

14加水分解酵母エキス

アミノ酸や核酸などを含むエキスです。皮膚細胞の修復作用や保湿効果などを付与します。

15マンダリンオレンジ果皮エキス

肌の透明感をアップさせるエキスとして知られています。角質の肌理を整え、くすみを予防。

16プルーン分解物

表皮細胞がメラニンを受け取る過程を阻害することで肌が黒く見えることを防ぐ作用=美白作用があります。ユニークなアプローチの美白剤。

17アーチチョーク葉エキス

有効成分シナロピクリンには、肌荒れを防いだり、肌と毛穴を引き締め、毛穴の黒ずみを目立たなくし、乱れた毛穴にハリと弾力を与えます。遺伝子レベルで効果を発揮。毛穴トラブルの原因となるNF-kBの過剰な働きを抑制してくれます。

18パルミチン酸レチノール

・パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。ただし、摂り過ぎは副作用の懸念あり。

19パントテン酸Ca

20トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

21セラミド3

22水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

23加水分解ヒアルロン酸

24コンドロイチン硫酸Na

25スフィンゴモナスエキス

26マカデミアナッツ油

27フィトステロールズ

28ダイズステロール

29水酸化レシチン

天然の界面活性剤であり、水酸化基を付加してレ乳化・分散作用を向上させています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

30水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

31アルギニン

32グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

33(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

水に素早く分散するアクリル酸系の増粘剤。製品中では、乳化安定、親水性増粘などの目的で配合されます。耐塩性にも優れ、水に混ぜるだけで膨潤。透明処方にも適します。

34シクロヘキサン1-4ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

両親媒性型のエステル油で、水溶性有効成分の浸透促進効果、スピーディーなクレンジング効果、べたつきが少なく、軽い感触に仕上げる作用があります。

35オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル

36オレイン酸フィトステリル

37水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

38ペンテト酸5Na

キレート剤。

39プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

40メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

41フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

42クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

43クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

販売元による宣伝文

一点の曇りのない、内側からうるおいに満ちた輝き肌へ導く保湿美容液です。洗顔後最初にお使いいただきます。たっぷりの透輝クリア成分(保湿成分)を配合し、素肌にまっすぐ届けるWフォーカスデリバリーシステムを採用。普段のお手入れに1ステップ加えるだけで内側(角質層)から輝く透明肌へ導きます。

一点コスメ ファイナルホワイト の関連商品

一点コスメ ファイナルホワイト を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。