オーシャントリコ ヘアスタイリングワックス シャインオーバーの解析結果

オーシャントリコ ヘアスタイリングワックス シャインオーバー

総合順位

49

総合得点 5点満点

2.88
成分数エキス系特効ダメ
30011
  • オーシャントリコ ヘアスタイリングワックス シャインオーバーの詳細情報
  • フィッツコーポレーションの関連商品
  • [JANコード] 4530107941624
  • [商品ID] 7282
  • [容量] 80ml
  • [参考価格] 1620円
  • [1mlあたり] 約 20.25円
オーシャントリコ ヘアスタイリングワックス シャインオーバー解析チャート

オーシャントリコ ヘアスタイリングワックス シャインオーバーの解説

シリーズではリスクが大きめ

オーシャンワックスシリーズでは危険性がやや大きいタイプです。

セット力よりもツヤ、グロス感を出したいワックスですね。

PEG水添ヒマシ油や(アクリレーツ/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMPなどがベースでツヤ皮膜を形成し、(ジメチルアクリルアミド/アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリル酸メトキシエチル)コポリマー、キャンデリラロウがセット力を付与します。

このあたりは、まあよく見る当たり障りない感じのセット剤なんですが、ヒマシ油、セトリモニウムクロリドはリスキーな素材となります。

皮膚刺激性懸念

ヒマシ油の酸化刺激性、4級カチオン界面活性剤のタンパク変性作用は洗い流さない製品には負担となります。

洗い流せば心配ご無用ながら、ワックスのような製品への配合はちょっと困ったものです。

特に、セトリモニウムクロリドは皮膚への残存性も高いですし、皮膚への悪影響がより大きなタイプです。あっという間にさらさらになる、というメリットはありますが、負うリスクに見合ったものとはいいづらい。

グロス系のワックスにありがちですが、こうした皮膚へのリスクが起きやすい処方はあまりオススメしません。

このような手法をとらなくても良い感触を表現できる素材はたくさんありますし、あえて安全性を犠牲にするのはいかがなものか。

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。
ヒアルロン酸Na
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。
加水分解ケラチン(羊毛)
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。
ジステアリン酸グリコール
ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。
BHT

リスキーなワックス。


販売元による宣伝文

●原宿発! 美容室 OCEAN TOKYO から渾身のヘアワックスが登場!
●サロン仕上げを自宅で簡単に実現できる
●モテ香水「ライジングウェーブ フリー ライトブルー」の香り
●「シャインオーバー」
・ワックスなのにハードグロス!ハードなセット力とツヤ感で、グロッシーな仕上がり
・セット力もあり、ツヤ感のある束が簡単に作れます
・ベタッとしない束感になるので、パーマスタイルとも相性抜群!