ヌーディオーラシャンプー の解析結果

総合順位

920

総合得点 5点満点

2.19
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
325030
  • ヌーディオーラシャンプー の詳細情報
  • サンテックの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2983
  • [容量] 600ml
  • [参考価格] 1943円
  • [1mlあたり] 約 3.24円

ヌーディオーラシャンプー 解析チャート

ヌーディオーラシャンプー の解説

ベースはラウレス硫酸Na。

それにアミノ酸系界面活性剤、両性界面活性剤(洗浄とコンディショニング効果を併せ持つ刺激の少ないもの)、非イオン界面活性剤(イオン化しない=脱脂しない、超低刺激)が多種配合。

保湿剤もそれに続いていくつか続きます。

ケラチンもありますね。

ビタミンc誘導体も配合されています。

ヘマチンは過酸化水素除去や毛髪強化、育毛効果、消臭効果など。

ヒアルロン酸もあります。たださほど意味はありませんが。

非常に多くの側面を持ったシャンプーですが、

まずベースはお金がかかっていない感がありあり。

それを補うために色々加えている、と考えてよさそうです。

一見有用な成分もちらほら配合がありますし、市販でヘマチンやビタミンC誘導体配合は珍しいケースといえます。

ただし、あくまでも基礎的な部分が見劣りする作りなので、それをカバーするために、という感は否めません。

ごまかしといっては言い過ぎかもしれませんが、いい成分がたくさんあっても、それぞれがあまりに微量だったり、相性問題もありますのであればいいというものでもありません。

やはり評価するに当たってベース部分の手抜きは大きなポイントになります。

脱脂力がやや強すぎて、添加成分の良さを発揮するには至らないでしょう。

ヌーディオーラシャンプー の全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

5DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

6コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

7ラウラミドプロピルアミンオキシド

アミドアミンオキシド型両性界面活性剤。硬水及び幅広いpH領域で高い起泡性。

8ココイル加水分解コラーゲンK

コラーゲン素材の洗浄剤です。大変高価でリッチな洗浄性。 あらゆる洗浄剤の中でもトップクラスのクオリティを付与します。

9セテス3

10グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

11BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

12モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン

13カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

14ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

15サクシニルアテロコラーゲン

アレルギーの原因となる成分を除去した安全性の高いコラーゲンです。

16パルミトイルペンタペプチド-4

マトリキシル... この生理活性ペプチドは線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンの生成を促進しシワを改善し皮膚にうるおいを与えます。

17加水分解ケラチン

18リン酸アスコルビルMg

経皮吸収性を高めたビタミンC誘導体ですが、効果としては穏やかな部類です。

19セリシン

カイコが絹の生産の際に作るタンパク質で、主にセリシンとフィブロインというタンパク質で構成。 セリシンは十数種の高純度のアミノ酸系タンパク質で構成され、人の皮膚を構成している中でいちばん多いセリンが30%含まれています。保湿機能・抗酸化作用・紫外線吸収作用、高血圧、高血糖の低下、育毛、歯周病などに有用といわれます。

20ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

21ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

22カラメル

23エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

24EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

25EDTA-4Na

エデト酸四ナトリウム。金属イオンのマスキング、キレート作用を目的に配合されます。製品安定剤として用いられますが、やや刺激性の面でリスクがあり、安全性を重視した製品では採用されにくいタイプです。

26乳酸

27クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

28水酸化Na

29フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

30メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

31プロピルパラベン

32香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ミネラル豊富な日田天領水を贅沢に配合したシャンプー6つの保湿成分にミネラルが豊富な大分の名水「日田天領水」を配合したノンシリコンシャンプーです。天然由来の低刺激性活性剤をバランス良くブレンド。クリーミーでキメ細やかな泡で、頭皮の汚れをしっかりと落とし、髪に潤いとツヤを与えます。◇髪をしっかりと保湿する6つの成分◇サクシニルアテロコラーゲン(水溶性コラーゲン)〜髪の奥まで浸透し、潤いを保ちます!〜高級化粧品にも使われる高分子のアテロコラーゲンで、アミノ酸組織が異なるテロペプチドを除去。通常よりも純度が高く、髪の奥まで浸透し、潤いを保ちます。パルミトイルペンタペプチド-4(浸透性コラーゲン)〜髪の核メデュラにまで潤いを浸透させる!〜コラーゲンの中でも、最も浸透性が高く、コルテックス(毛皮質)のさらに奥、髪の核となるメデュラ(毛随質)にまで潤いを与えます。加水分解ケラチン〜髪の内側からハリとコシを与える!〜肌の角質層や毛髪などに含まれるタンパク質で、コンディショニング効果を発揮。また、髪の内側に作用し、弾力の無い髪にハリとコシを与えます。セリシン〜アミノ酸がシルクプロテインの3倍!〜絹になるフィブロインを取り囲むタンパク質。人と共通した18種類のアミノ酸から構成され、シルクプロテインの3倍のアミノ酸セリンを含みます。保湿効果や紫外線防止効果があります。ヘマチン〜擬似的に髪の成分を作り、傷んだ髪を補正〜髪につけるとケラチンと結合し、擬似的に髪の成分を作り、傷んだ髪を補修します。ヒアルロン酸Na〜1gで6リットルもの水分を抱え込む〜髪や肌に保湿力を与える大事な成分で、髪に浸透することで潤いをキープします。

ヌーディオーラシャンプー の関連商品

ヌーディオーラシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。