Noz スカルプシャンプー の解析結果

総合順位
1824
総合得点 5点満点
0.54
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
354500

Noz スカルプシャンプー の詳細情報

[製造販売元] カリエ

[商品ID] 2980
[容量]300ml
[参考価格]1880円
[1mlあたり] 約6.27
洗浄力
4.8

素材 

-1

安全性

1.4

コスパ 

1.7

環境 

1.3

補修力

-0

ツヤ 

-0.1

感触 

0.6

育毛

0.3

洗浄剤

1.6

Noz スカルプシャンプー の解説

何ら価値を感じさせない洗剤のようなシャンプー。



さすがに、感触の悪さはシリコーンやPPTなどでごまかしていますが、ベースは典型的な安物であり、強すぎる洗浄力が特徴のラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na。



2000円近い値段を払うのが馬鹿らしいほど平凡以下のクオリティを見せつけているので、ある程度クオリティの良いものを使いたいのなら選択肢に入れるべきではありません。

Noz スカルプシャンプー の全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

6ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

7ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

8PEG-20ソルビタンココエート

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10ローズヒップ油

リノール酸・リノレン酸を高含有するトリグリセライド。抗酸化作用やエモリエント効果を付与。

11月見草油

12ダイズエキス

13

14

15加水分解ケラチン

16加水分解シルク

17イソステアロイル加水分解コラーゲン

保湿効果。

18ユキノシタエキス

・ユキノシタエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、メラニン生成を抑制、収れん作用、女性ホルモン様作用。

19チャ葉エキス

チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。

20ヨモギ葉エキス

21キハダ樹皮エキス

別名オウバクエキス。優れた抗菌作用を付与します。

22グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

23ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

24ポリクオタニウム-39

25BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

26PEG-12ジメチコン

27クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

28EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

29イソステアリン酸

30炭酸水素Na

・炭酸水素Naは、いわゆる重曹。弱アルカリ性であり、スクラブ剤として利用されるほか、pH調整剤としても用いられます。

31セルロースガム

32安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

33メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

34プロピルパラベン

35香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

ヘアスタイリスト野沢道生が開発したサロン仕様のスカルプケアシャンプーです。もっちりとした泡が頭皮のよごれをすっきり落とし、髪の根元から健康的な弾力のある輝く髪へ導きます。また、フケやかゆみを抑え、健やかな頭皮へ導きます。ローズヒップ油など頭皮保湿・保護成分配合。

Noz スカルプシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。