ネーミット 洗い流すヘアリートメント(ドライダメージケア) の解析結果

総合順位

460

総合得点 5点満点

2.32
成分数エキス系特効ダメ
18010
  • ネーミット 洗い流すヘアリートメント(ドライダメージケア) の詳細情報
  • ドウシシャの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1064
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 2100円
  • [1mlあたり] 約 10.5円

ネーミット 洗い流すヘアリートメント(ドライダメージケア) 解析チャート

ネーミット 洗い流すヘアリートメント(ドライダメージケア) の解説

市販としては高額な部類に入るトリートメントですが、中身はどうか。

ワセリン、スクワラン、ホホバといった油性成分と、

リピジュア、セラキュート、キトサンなど高機能性成分で作られています。

リピジュアなどの高機能性成分は、パラベンなどよりずっと少ない配合であることから、

かなり微量と推測されますが、

そこそこの保湿効果は使うたびに出てくるかもしれません。

メインはワセリン、スクワランなどの油性保湿効果で、しっとり系です。

被膜効果がかなり薄いので、こういった保湿効果はあまり長く続かないかと思われます。

使用感は比較的いいですが、さらっとせず、ベタっとする系です。

ネーミット 洗い流すヘアリートメント(ドライダメージケア) の全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ワセリン

英語ではpetroleum jelly。ずばり、石油ゼリーです。正しくは、石油由来の炭化水素類を脱色精製したもの。石油由来とはいえ、全く肌に浸透せず、化学的に不活性なので全く皮膚刺激はない。特徴としては油剤そのものなので、がっちりと油のフタをするイメージです。肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐことや、外部からの刺激を遮断するなどの役割があります。難点としては、単独では非常に油らしいベタつき感があるため、ベトベトした感触が向かない場面もあるかと思います。

4BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

5ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

6スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

7香料

香りづけ。

8イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

9水添ホホバ油

10ポリクオタニウム-6

11メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

12プロピルパラベン

13ポリクオタニウム-92

別名セラキュートで、セラミドを模倣した構造でベタつきのない良質な使用感とより自然なツヤを与えます。

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16カルボキシメチルキトサンサクシナミド

キトサン誘導体。創傷被覆材にも使われる素材で、髪や肌に吸着しやすく保護・抗菌作用などを付与する。

17ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

18フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

みずみずしいうるおいを与え、軽やかな心地良さを与えるトリートメントです。表面をなめらかにととのえ、サラサラと美しく舞う髪へ導きます。

ネーミット 洗い流すヘアリートメント(ドライダメージケア) を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。