ナチュラルリソース 洗顔フォーム の解析結果

総合順位

41

総合得点 5点満点

3.95
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
280800
  • ナチュラルリソース 洗顔フォーム の詳細情報
  • 常盤薬品の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 4871
  • [容量] 120ml
  • [参考価格] 1296円
  • [1mlあたり] 約 10.8円

ナチュラルリソース 洗顔フォーム 解析チャート

ナチュラルリソース 洗顔フォーム の解説

安定性を高めた石鹸洗顔。



よくあるアルカリ性石鹸に、非イオン界面活性剤、美肌エキスなどを加えた構成。

単なる石鹸に比べ、泡立ちが安定したり、多少アルカリを中和する時間の短縮が望めます。



美肌エキスといえる添加成分が比較的魅力があり、

ハトムギエキスの排膿作用、ビルベリーの抗酸化、白きくらげの高保湿、アルテロモナスエキスの即効性保湿効果、芍薬の免疫強化など、一般的なものとは一味違うクオリティを提供。



肌の弱い方には向かない石鹸タイプですが、添加成分の質は評価に値するでしょう。

必ずしも、絶対にダメというほどではないまずまずの一品。

改良が期待される。

ナチュラルリソース 洗顔フォーム の全成分

1

2ミリスチン酸

ヤシ油、パーム油に多く含まれる炭素数14の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はテトラデカン酸。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

5ステアリン酸

6パルミチン酸

炭素数16、融点が50℃を越える飽和脂肪酸。

7ステアリン酸グリセリル

8ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

9グリコシルトレハロース

とうもろこし由来のトレハロースとグルコースによる保湿成分。非常に高い保湿力と、細胞を保護する働きがあります。

10マンダリンオレンジ果皮エキス

肌の透明感をアップさせるエキスとして知られています。角質の肌理を整え、くすみを予防。

11シロキクラゲエキス

12アルテロモナス発酵エキス

・アルテロモナス発酵液は即効性のある保湿効果を実現。

13ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

14コメヌカスフィンゴ糖脂質

15ハトムギ種子エキス

ハトムギの種の部分から抽出されたヨクイニンエキスです。優れた抗炎症作用、イボ取り効果、排膿作用などがあります。化粧品では、肌の再生効果、肌荒れを防止したり、抗炎症目的で配合されます。

16シャクヤク根エキス

芍薬根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。また、抗AGEs(抗糖化)作用があることもわかった。

17キウイエキス

18ノイバラ果実エキス

営実の実から得たエキスです。紫外線による肌の炎症・ニキビなどを抑制する効果があります。

19スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

20BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

21グリチルレチン酸ステアリル

油溶性抗炎症成分です。

22ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

23ステアロイルグルタミン酸Na

24リゾレシチン

天然の界面活性剤であり、酵素を利用して低分子化し経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合されます。

25加水分解ホホバエステル

26加水分解水添デンプン

27水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

28フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

・キメを整え、澄み肌に導きます・肌荒れを防ぎ、保護します・肌の乾燥を防ぎ、はり・ツヤを与えます。

    ナチュラルリソース 洗顔フォーム の関連商品

ナチュラルリソース 洗顔フォーム を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。