ナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイルの解析結果

総合順位
1680
総合得点 5点満点
1.08
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイル 1000ml
価格:1051円(税込、送料別) (2018/1/3時点)


楽天でナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイルを買う
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
246001

ナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイルの詳細情報

[製造販売元] ジュン・コスメティック

[JANコード] 4964653101094
[商品ID] 6249
[容量]1000ml
[参考価格]3600円
[1mlあたり] 約3.6
洗浄力
3.6

素材 

-1.1

安全性

1.2

コスパ 

1.9

環境 

1.8

補修力

1.3

ツヤ 

0.8

感触 

1.8

育毛

0.8

洗浄剤
3.3

ナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイルの解説

品質というより意地の悪さを感じさせるシャンプー

・使用感は良いでしょう、しかし、肌にも髪にもダメージとなる。

・洗浄剤の選び方、コンディショニング成分のチョイスがいちいちリスキー。

殺菌系歯磨き粉におなじみのココイルサルコシンNaをベースに、もちろんラウレス硫酸ナトリウムも配合され、



強洗浄+頭皮の常在菌を撃滅させるという、あまりありがたくない作りから始まります。



そして、カチオン界面活性剤も配合。。



比較的マイルドなタイプのカチオン界面活性剤ですが、それでもタンパク変性作用は並の洗浄剤を凌駕します。



つまり、かなり負担の強い洗浄剤と、それに勝るとも劣らないカチオン界面活性剤の共演という頭皮にとっては迷惑この上ない組み合わせ。



ただし、使用感は悪くない、、という構成です。



使用感が良ければ中身はこんなものでいいのか? 違うはずです。



頭皮が本来の健康な状態をあえて掻き乱すシャンプーは最も選ぶべきではない存在といえます。



髪にハリを演出するPVP配合、という点も貧相な印象をアップさせますね。



PVPは湿気に弱く、効力がすぐにヘタるため、文字通りの一時しのぎという働き方を見せます。



やることなすこと、稚拙な手を並べたシャンプーの代表例といえるでしょう。

ナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイルの全成分

1

2コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

3PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

4ココイルサルコシンNa

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。

5(C12,13)パレス-3硫酸Na

クリーミーな使用感ながら、ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等の脱脂力。ダメージヘア、乾燥肌、皮膚の弱い方には不向きな洗浄剤。

6ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

7ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

8ローズヒップ油

リノール酸・リノレン酸を高含有するトリグリセライド。抗酸化作用やエモリエント効果を付与。

9加水分解ダイズタンパク

10海水

11ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

12クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

13塩化Na

14ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

15PVP

ポリビニルピロリドンのこと。皮膜形成剤で肌や髪にハリ・コシを与える目的で配合される。ただ、吸湿するとハリが失われやすく、持続性に難あり。

16ステアラミドエチルジエチルアミン

3級カチオン界面活性剤。比較的低刺激タイプのリンス剤で、ダメージした髪表面を一時的に、選択的に整え、コンディショニング効果を持たせるための土台を作ります。4級カチオン界面活性剤に比べ低刺激ですが、コンディショニング作用は低めになります。

17PPG-30ステアレス-4

18ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

水溶性増粘剤。配合が容易で界面活性剤の刺激を緩和する作用。

19フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

20ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

21EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

22プロピルパラベン

23メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

24香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

海洋深層水を使用し、ローズヒップオイルなどを配合したシャンプーです。ミネラルを含む海洋深層水が、髪をやさしく洗い上げ、豊かなうるおいをキープ。地肌の汚れを落とし、髪にツヤとハリを与え、輝くサラサラな髪へと導きます。また、カラーヘアを保護し、色持ちを良くします。健康な髪のpHに近い弱酸性。フローラルローズの香り。

ナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイルの関連商品

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイル 1000ml
価格:1051円(税込、送料別) (2018/1/3時点)


楽天でナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイルを買う

ナチュラルハーブ シャンプー ローズヒップオイルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。