ナジャペレーネ ナジャプー の解析結果

総合順位

951

総合得点 5点満点

2.16
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
2841100
  • ナジャペレーネ ナジャプー の詳細情報
  • ナジャペレーネの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2909
  • [容量] 700ml
  • [参考価格] 9720円
  • [1mlあたり] 約 13.89円

ナジャペレーネ ナジャプー 解析チャート

ナジャペレーネ ナジャプー の解説

がっつり洗ってエキス注入タイプのありがちなシャンプー。

極めてさっぱりした洗浄力と、ありきたりなエキスのセットをくっつけたシャンプー。

すなわち、平凡でどこにでもあるシャンプーの1つ、といえるでしょう。



これだけでは感触がお世辞にも良いといえないため、ステアラミドエチルジエチルアミンのようなカチオン界面活性剤を配合して指通り改良を図っています。

この手法も、強引で刺激性が他より心配なやり口であり、消費者にとっては使用感以外にメリットがないシャンプーであることは明白です。





何を思ったか、この内容で異常に高額ではありますが,賢明な消費者の皆様には選択肢に入れるのは相応しくない一品となることでしょう。

ナジャペレーネ ナジャプー の全成分

1

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

3ココイルアラニンTEA

アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。

4ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

5パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

6ヒノキ水

7アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

8オドリコソウ花エキス

シソ科オドリコソウから抽出したエキス。カテキン型タンニンやフラボノイドを含み、収れん作用や抗炎症作用に優れます。

9オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

10ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

11セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

12ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

13ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

14ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

15セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

16ムクロジエキス

17センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

18ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。ニキビの原因アクネ菌の殺菌にも役立つ。

19ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

20PPG-10メチルグルコース

21フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

22ジラウレス-10リン酸Na

23ステアラミドエチルジエチルアミン

3級カチオン界面活性剤。比較的低刺激タイプのリンス剤で、ダメージした髪表面を一時的に、選択的に整え、コンディショニング効果を持たせるための土台を作ります。4級カチオン界面活性剤に比べ低刺激ですが、コンディショニング作用は低めになります。

24BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

25エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

26安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

27EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

28塩化Na

販売元による宣伝文

フランスのスカルプドクターとイギリスのアロマテラピストが共同で開発に携わり、日本人の髪質と頭皮の質に合わせてつくられたシャンプーです。キメ細かい泡で心地よくシャンプーでき、頭皮と髪のコンディションを整え、洗い上がりはシャンプーしただけとは思えないほどの髪のハリとコシを実感できます。

ナジャペレーネ ナジャプー の関連商品

ナジャペレーネ ナジャプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。